• JASRAC許諾番号:
    9009785002Y31015
  • SSL

今週の一枚

マニャール:交響曲第2番, 第4番(マルメ響/T. ザンデルリンク)

このアルバムを再生

《戦争により不慮の死を遂げた作曲家、最後のロマンティック交響曲》 日本ではほとんど演奏される機会のないフランスの作曲家、アルベリク・マニャール。第一次世界大戦に巻き込まれ49歳という若さでこの世を去ってしまったため、残された作品は30曲ほどですが、いずれも高い評価を受けています。交響曲は4曲残しており、第4番は死の数ヶ月前に完成した最後の作品。混沌とした雰囲気の第1楽章は、戦争の開始を予兆していたかのような空気が漂います。最終楽章は平和を祈るかのように、静かに終わります。マニャールの白鳥の歌をご堪能ください。来る3月22日、23日に、交響曲第4番が上岡敏之さんの指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団により演奏されます。この貴重な演奏会をお見逃しなく! (yasu)

「今週の一枚」の履歴を見る

    

Naxosのおすすめ特設ページ


                       

新着タイトル