ホーム > LFJ金沢2009 聴けるプログラム

メニュー

  • 公演番号を選んでください
  • 関連サイト
  • ラ・フォル・ジュルネ金沢 公式サイト




         

ラ・フォル・ジュルネとは

フランス北西部の港町ナントで、1995年に誕生したクラシック音楽祭。
毎年テーマとなる作曲家またはジャンルを設定し、会場となるナント市のコンベンションセンター「シテ・デ・コングレ」では、朝から晩まで9つの会場で同時併行的に45分間のコンサートが、5日間で約300公演繰り広げられる。
クラシック音楽の常識を覆すユニークなコンセプトに貫かれ、「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」のネーミングそのまま、ヨーロッパの数ある音楽祭の中でもっともエキサイティングな展開を見せている。
2000年からポルトガル・リスボン、2002年からはスペイン・ビルバオでも開催され、いずれも大成功を収めている。2005年からは、東京国際フォーラムで開催され、クラシック音楽界にセンセーションを巻き起こしている。リオデジャネイロに続き、2008年世界で6番目の開催都市として金沢が選ばれ、地方都市での開催成功を収めた。

ナクソス・ミュージック・ライブラリーの「聴けるプログラム」とは

ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭2009の有料公演約50で演奏される総楽曲数は100曲以上。ナクソス・ミュージック・ライブラリーは、そのほとんどをカバーする録音源を有しています。対象作品がストリーミング方式で聴き放題。全楽章とも途中で終わることなく曲の最後まで、いつでも何度でも聴くことができます。

  • 実際に演奏されるものと同じ曲を、無料で全て聴き放題!
  • NMLに入会すれば、対象曲以外の40万曲も全て聴き放題!

※ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭2009とは異なる演奏家による録音を配信しています。