ホーム > アルバム > 0000722CCC レハール:喜歌劇「メリー・ウィドウ」/喜歌劇「ルクセンブルク伯爵」(抜粋)(ドレスデン・フィル/ノイハウス/ウィーン・フォルクスオーパー管/バウアー=トイセル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0000722CCC
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
フランツ・レハール Franz Lehár
作詞家
アルフレート・マリア・ヴィルナー Alfred Maria Willner , レオ・シュタイン Leo Stein , ロバート・ボダンツキー Robert Bodanzky , ヴィクトル・レオン Victor Leon
アーティスト
ウィーン・フォルクスオーパー合唱団 Vienna Volksoper Chorus , ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団 Vienna Volksoper Orchestra , インゲボルク・ヴェングロル Ingeborg Wenglor , ユッダ・ヴルピウス Jutta Vulpius , クルト・エクヴィルツ Kurt Equiluz , カール・テルカル Karl Terkal , ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団 Dresden Philharmonic Orchestra , ハラルド・ノイキルヒ Harald Neukirch , ルドルフ・ノイハウス Rudolf Neuhaus , フランツ・バウアー=トイセル Franz Bauer-Theussl , エバーハルト・ビュヒナー Eberhard Büchner , ジークフリート・フォーゲル Siegfried Vogel , ヒルデ・ブラウナー Hilde Brauner , ヴォルフガング・ヘルミッヒ Wolfgang Hellmich , ライプツィヒ放送合唱団 Leipzig Radio Chorus , マルティン・リッツマン Martin Ritzmann , フリードル・ロール Friedl Loor

レハール:喜歌劇「メリー・ウィドウ」/喜歌劇「ルクセンブルク伯爵」(抜粋)(ドレスデン・フィル/ノイハウス/ウィーン・フォルクスオーパー管/バウアー=トイセル)

LEHAR, F.: Lustige Witwe (Die) (The Merry Widow) / Der Graf von Luxembourg (The Count of Luxembourg) (Highlights) [Operettas]

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0000722CCC

全トラック選択/解除

フランツ・レハール - Franz Lehár (1870-1948)

**:**
喜歌劇「メリー・ウィドウ」(抜粋)

Die lustige Witwe (The Merry Widow) (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/291391
**:**
»  Act I: Verehrteste Damen und Herren
1.

-

**:**
»  Act I: So kommen Sie! 's ist niemand hier! - Ich bin eine anstand'ge Frau
2.

-

**:**
»  Act I: Bitte, meine Herrn! - Gar oft hab ich's gehort
3.

-

**:**
»  Act I: O Vaterland, du machst bei Tag - Da geh' ich zu Maxim
4.

-

**:**
»  Act I: Damenwahl! Hot man rufen rings im Saal
5.

-

**:**
»  Act I: O kommet doch, oh kommt, ihr Ballsirenen - Wie die Blumen im Lenze erbluhn - Der letzte ging, Sie sind befreit
6.

-

**:**
»  Act II: Es lebe eine Vilja, ein Waldmagdelein
7.

-

**:**
»  Act II: Heia, Madel, aufgeschaut - Dummer, dummer Reitersmann
8.

-

**:**
»  Act II: Wie eine Rosenknospe in Maienlicht erbluht - Sieh dort den kleinen Pavilion
9.

-

**:**
»  Act II: Zu der Vermahlung, schöne Fraue - Es waren zwei Konigskinder
10.

-

**:**
»  Act III: Ritantouri Tantirette - Ja, so sind wir, die Grisetten
11.

-

**:**
»  Act III: Duet: Lippen schweigen
12.

-

**:**
»  Act III: Ja, das Studium der Weiber ist schwer
13.

-

 
**:**
喜歌劇「ルクセンブルク伯爵」(抜粋)

Der Graf von Luxembourg (The Count of Luxembourg) (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/291392
**:**
»  Act I: Kanavell, ja du allerschonste Zeit - Mein Ahnherr war der Luxemburg
14.

-

**:**
»  Act I: Finale: Frau Grafin, Sie erlauben wohl - Sie geht links, er geht rechts
15.

-

**:**
»  Act I: Walzer-Intermezzo
16.

-

**:**
»  Act II: Ein Stubchen so klein - Wir bummeln durchs Leben
17.

-

**:**
»  Act II: Finale: Bist du’s lachendes Gluck
18.

-

**:**
»  Act I: Pierre, der schreibt an klein Fleurette - Denn doppelt schmeckt's dem Bubchen
19.

-

**:**
»  Act II: Duet: Sind Sie von Sinnen, Herr Baron - Lieber Freund, man greift nicht nach von Sternen
20.

-

**:**
»  Act II: Liebe, ach, du Sonnenschein
21.

-

**:**
»  Act II: Duet: Schau'n Sie freundlichst mich an - Madel klein, Madel fein
22.

-

**:**
»  Act II: Polka Dance: Ein Lowe war ich im Salon
23.

-

 

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。