ホーム > アルバム > 0001432CCC ストラヴィンスキー:ピアノと管楽器のための協奏曲/バルトーク:ヴィオラ協奏曲/プロコフィエフ:組曲「3つのオレンジへの恋」(オルベルツ/ビンダー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0001432CCC
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
イーゴリ・ストラヴィンスキー Igor Stravinsky , ベーラ・バルトーク Béla Bartók , セルゲイ・プロコフィエフ Sergey Prokofiev
アーティスト
ワルター・オルベルツ Walter Olbertz , ヘルベルト・ケーゲル Herbert Kegel , ヴァーツラフ・ノイマン Václav Neumann , ダヴィア・ビンダー Davia Binder , ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 Leipzig Gewandhaus Orchestra , ライプツィヒ放送交響楽団 Leipzig Radio Symphony Orchestra

ストラヴィンスキー:ピアノと管楽器のための協奏曲/バルトーク:ヴィオラ協奏曲/プロコフィエフ:組曲「3つのオレンジへの恋」(オルベルツ/ビンダー)

STRAVINSKY, I.: Concerto for Piano and Wind Instruments / BARTOK, B.: Viola Concerto / PROKOFIEV, S.: The Love for 3 Oranges Suite (Olbertz, Binder)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0001432CCC

全トラック選択/解除

イーゴリ・ストラヴィンスキー - Igor Stravinsky (1882-1971)

**:**
ピアノと管楽器のための協奏曲

Concerto for Piano and Wind Instruments

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/294380
**:**
»  I. Largo - Allegro - Più mosso - Maestoso (Largo con principo)
1.

-

**:**
»  II. Largo - Più Mosso - Doppia valore - Tempo primo
2.

-

**:**
»  III. Allegro - Agitato - Lento - Stringendo
3.

-

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
ヴィオラ協奏曲 BB 128 (ティボール・シェルイによる補筆完成版 1949)

Viola Concerto, BB 128 (completed by Tibor Serly, 1949)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/294383
**:**
»  I. Moderato
4.

-

**:**
»  II. Adagio religioso
5.

-

**:**
»  III. Allegro vivace
6.

-

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
組曲「3つのオレンジへの恋」 Op. 33bis

The Love for 3 Oranges Suite, Op. 33bis

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/294384
**:**
»  I. The Clowns
7.

-

**:**
»  II. The Magician and the Witch play cards
8.

-

**:**
»  III. March
9.

-

**:**
»  IV. Scherzo
10.

-

**:**
»  V. The Prince and Princess
11.

-

**:**
»  VI. The Flight
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: frog 投稿日:2010/01/04
ストラヴィンスキーはVn協奏曲がお洒落で、流石と思わせる佳曲ですが、このピアノ協奏曲も、お見事、です。時代に逆らうかのように自らの作風を、計算づく、確信犯的に豹変させてきた彼の、やっぱり、天才の逸品。面白い、この一言に尽きる。バルトークは、遺作となった作品を、後世の人が完成させた(そんな事、軽々しくしていいのか?)、孤独と不可解の塊り。プロコフィエフは、題名は、キューブリックの映画みたいで変、ですが、華麗にして、好く書かれています。お三人とも、故国を捨て、自由の国、アメリカへと亡命している。指揮のお二人は、自国とイロイロあったが、亡命はしなかった。故国も、自国も今は、全て、名称、体制、変更。音楽は、残る。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。