ホーム > アルバム > 0002292CCC モーツァルト:ピアノ協奏曲集 - 第24番, 第25番(シュミット/ドレスデン・フィル/マズア)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0002292CCC
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
アンネローゼ・シュミット Annerose Schmidt , ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団 Dresden Philharmonic Orchestra , クルト・マズア Kurt Masur

モーツァルト:ピアノ協奏曲集 - 第24番, 第25番(シュミット/ドレスデン・フィル/マズア)

MOZART, W.A.: Piano Concertos Nos. 24 and 25 (Schmidt, Dresden Philharmonic, Masur)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0002292CCC

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K. 491

Piano Concerto No. 24 in C Minor, K. 491

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/301213
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Larghetto
2.

-

**:**
»  III. Allegretto
3.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第25番 ハ長調 K. 503

Piano Concerto No. 25 in C Major, K. 503

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/301214
**:**
»  I. Allegro maestoso
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Allegretto
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: Tossy 投稿日:2011/10/08
モーツァルトの短調のピアノ協奏曲では第20番のほうが圧倒的に人気があるようですが、私は第24番ハ短調の方が好きです。作曲当時としてはまさにフル編成といえる充実したオーケストラをバックに、ある意味デモーニッシュなモーツァルトが堪能できるからです。この演奏はシュミット、マズアの全集の中でも優れたもののひとつであり、採用されたエトヴィン・フィッシャーによるカデンツァが曲自体をより印象深いものにしていると感じています。
レビュアー: puku 投稿日:2016/04/09
アンネローゼ・シュミットは懐かしい。東独の代表的な女流ピアニストでしたね。思えば、私(50代後半)は東独の様々な演奏を、「エテルナ」「ドイツシャルプラッテン」といったレーベルで聴き馴染み、耳を肥やした世代です。まだ東の指揮者だったマズアとのモーツァルトのピアノ協奏曲全集、今聴いても相当クオリティが高いでしょう。もっとも全集を全集として聴けたのは、冷戦終了後でCDの価格破壊が始まった頃ですが。ここNMLでも全集を聴けるよう希望しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。