ホーム > アルバム > 00028941750921 ブリテン:青少年のための管弦楽入門/シンプル・シンフォニー(イギリス室内管/ロンドン響/ブリテン)

ブリテン:青少年のための管弦楽入門/シンプル・シンフォニー(イギリス室内管/ロンドン響/ブリテン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
00028941750921
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ベンジャミン・ブリテン Benjamin Britten
アーティスト
イギリス室内管弦楽団 English Chamber Orchestra , ベンジャミン・ブリテン Benjamin Britten , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

ブリテン:青少年のための管弦楽入門/シンプル・シンフォニー(イギリス室内管/ロンドン響/ブリテン)

BRITTEN, B.: Young Person's Guide to the Orchestra (The) / Simple Symphony (English Chamber Orchestra, London Symphony, Britten)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/00028941750921

全トラック選択/解除

ベンジャミン・ブリテン - Benjamin Britten (1913-1976)

**:**
青少年のための管弦楽入門 Op. 34
1.

The Young Person's Guide to the Orchestra: Variations and Fugue on a Theme of Henry Purcell, Op. 34

録音: May 1963, Kingsway Hall, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4523194
 
**:**
シンプル・シンフォニー Op. 4

Simple Symphony, Op. 4

録音: May 1968, Maltings, Concert Hall, Snape, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4523195
**:**
»  I. Boisterous Bouree
2.

-

**:**
»  II. Playful Pizzicato
3.

-

**:**
»  III. Sentimental Sarabande
4.

-

**:**
»  IV. Frolicsome Finale
5.

-

 
**:**
フランク・ブリッジの主題による変奏曲 Op. 10

Variations on a Theme of Frank Bridge, Op. 10

録音: December 1966, Kingsway Hall, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4523196
**:**
»  Introduction and Theme
6.

-

**:**
»  Variation 1: Adagio
7.

-

**:**
»  Variation 2: March
8.

-

**:**
»  Variation 3: Romance
9.

-

**:**
»  Variation 4: Aria Italiana
10.

-

**:**
»  Variation 5: Bouree Classique
11.

-

**:**
»  Variation 6: Wiener Waltzer
12.

-

**:**
»  Variation 7: Moto Perpetuo
13.

-

**:**
»  Variation 8: Funeral March
14.

-

**:**
»  Variation 9: Chant
15.

-

**:**
»  Variation 10: Fugue and Finale
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: はやしひろし 投稿日:2019/08/08
ブリテンの「シンプル・シンフォニー」は若き天才が才気煥発しまくった曲で(その点ではショスタコーヴィチの交響曲第1番も同じかと)、その決定盤はやっぱりコレでしょう。 NMLに上がっているすべての「シンプル・シンフォニー」を聴きましたが、この自作自演盤が圧倒的すぎて、こんなのがあったらこれからこの曲を録音する人は困ってしまうでしょうね。 この演奏が圧倒的なのは、演奏そのものもそうですが、さらに録音が異常にスゴイこと。68年のまさに往年のDECCAの全盛期らしい録音で、ブンブン、ずんずん鳴りまくるド迫力さ加減がたまらなく爽快であります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。