ホーム > アルバム > 00028943433327 プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番(ジャニス/モスクワ・フィル/コンドラシン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
00028943433327
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 協奏曲
作曲家
ロベルト・シューマン Robert Schumann , オクタヴィオ・ピント Octavio Pinto , セルゲイ・プロコフィエフ Sergey Prokofiev , フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn , セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
アーティスト
キリル・コンドラシン Kirill Kondrashin , バイロン・ジャニス Byron Janis , モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団 Moscow Philharmonic Orchestra

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番(ジャニス/モスクワ・フィル/コンドラシン)

Piano Recital: Janis, Byron - PROKOFIEV, S. / RACHMANINOV, S. / MENDELSSOHN, Felix / PINTO, O.

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/00028943433327

全トラック選択/解除

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 Op. 26

Piano Concerto No. 3 in C Major, Op. 26

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4549695
**:**
»  I. Andante - Allegro
1.

-

**:**
»  II. Tema con variazioni
2.

-

**:**
»  III. Allegro ma non troppo
3.

-

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
ピアノ協奏曲第1番 嬰ヘ短調 Op. 1

Piano Concerto No. 1 in F-Sharp Minor, Op. 1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4549696
**:**
»  I. Vivace
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Allegro vivace
6.

-

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
トッカータ ニ短調 Op. 11
7.

Toccata in D Minor, Op. 11

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4549697

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
ピアノ・ソナタ第3番 ヘ短調 Op. 14 - 第3楽章
8.

Piano Sonata No. 3 in F Minor, Op. 14: III. Quasi variazioni: Andantino de Clara Wieck

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4549698

フェリックス・メンデルスゾーン - Felix Mendelssohn (1809-1847)

**:**
無言歌集 第5巻 Op. 62 - 第1曲 ト長調 「5月の風」
9.

Lieder ohne Worte (Songs without Words), Book 5, Op. 62: No. 1. Andante espressivo

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4549699
**:**
Cenas Infantis

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4549700
**:**
»  No. 1. Run, Run
10.

-

**:**
»  No. 2. March
11.

-

**:**
»  No. 3. Hobby-Horse
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ビー太郎 投稿日:2019/07/07
マーキュリーレコードのこの当時の録音は本当に素晴らしいものが多いですが、レコードで聞いていたときにはその真価が理解できていなかったかもしれません。今こうしてナクソスで聞くと、その素晴らしさに圧倒されます。米ソの雪解けとしてモスクワに乗り込んだ最盛期のバイロン・ジャニスとそれを迎え撃つコンドラシンモスクワフィルの丁々発止の演奏を左右とセンターの3本マイクで録音して、ピアノの音は生々しく、オーケストラもフォルテッシモでもシンバルも音が歪まないだけでも1960年代前半の録音を考えると驚異的なことだと思いますが、ダイナミックレンジも広くアナログ時代の優秀録音としても、これはお薦めだと思います。早速プレイリストに入れました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。