ホーム > アルバム > 00028944743722 オルフ:カルミナ・ブラーナ(ヤノヴィツ/シュトルツェ/フィッシャー=ディースカウ/ベルリン・オペラ合唱団&管弦楽団/ヨッフム)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
00028944743722
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
カール・オルフ Carl Orff
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
ゲルハルト・シュトルツェ Gerhard Stolze , ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ Dietrich Fischer-Dieskau , ベルリン・オペラ合唱団 Berlin Opera Chorus , ベルリン・オペラ管弦楽団 Berlin Opera Orchestra , グンドゥラ・ヤノヴィッツ Gundula Janowitz , オイゲン・ヨッフム Eugen Jochum

オルフ:カルミナ・ブラーナ(ヤノヴィツ/シュトルツェ/フィッシャー=ディースカウ/ベルリン・オペラ合唱団&管弦楽団/ヨッフム)

ORFF, C.: Carmina Burana (Janowitz, Stolze, Fischer-Dieskau, Berlin Opera Chorus and Orchestra, Jochum)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/00028944743722

全トラック選択/解除

カール・オルフ - Carl Orff (1895-1982)

**:**
カルミナ・ブラーナ

Carmina Burana

録音: October 1967, UFA-Tonstudio, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4485456
**:**
»  Fortuna Imperatrix Mundi: O Fortuna
1.

-

**:**
»  Fortuna Imperatrix Mundi: Fortune plango vulnera
2.

-

**:**
»  I. Primo vere: Veris leta facies
3.

-

**:**
»  I. Primo vere: Omnia sol temperat
4.

-

**:**
»  I. Primo vere: Ecce gratum
5.

-

**:**
»  Uf dem anger: Tanz
6.

-

**:**
»  Uf dem anger: Floret Silva
7.

-

**:**
»  Uf dem anger: Chramer, gip die varwe mir
8.

-

**:**
»  Uf dem anger: Swaz hie gat umbe
9.

-

**:**
»  Uf dem anger: Were diu werlt alle min
10.

-

**:**
»  II. In taberna: Estuans interius
11.

-

**:**
»  II. In taberna: Olim lacus colueram
12.

-

**:**
»  II. In taberna: Ego sum abbas
13.

-

**:**
»  II. In taberna: In taberna quando sumus
14.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Amor volat undique
15.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Dies, nox et omnia
16.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Stetit puella
17.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Circa mea pectora
18.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Si puer cum puellula
19.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Veni, veni, venias
20.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: In trutina
21.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Tempus est iocundum
22.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Dulcissime
23.

-

**:**
»  Blanziflor et Helena: Ave formosissima
24.

-

**:**
»  Fortuna Imperatrix Mundi: O Fortuna
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 一燈照隅 投稿日:2018/08/06
録音から50年以上経ちますが、いまだに私の中ではカルミナ・ブラーナのベストです。これより「上手い」演奏はあるかもしれませんが、これより「凄い」演奏をいまだに見つけられていません。特筆はベルリン・オペラ合唱団の男声パート。どのぐらい前の人につばが飛んでいるんだろうと思わせる子音の激しさが、この曲の卑猥さや奔放さを表現しています。しかし、それだけだとやりたい放題の演奏になってしまいそうなところをフィッシャー=ディスカウの「上手い」歌唱がうまくバランスをとっています。オルフ自身もこの演奏に関わっているといわれているもので、まさに決定版をいえるものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。