ホーム > アルバム > 00028947124627 マーラー:交響曲第1番「巨人」、第10番 - アダージョ(ロイヤル・フィル/ウィーン国立歌劇場管/シェルヘン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
00028947124627
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
アーティスト
ウィーン国立歌劇場管弦楽団 Vienna State Opera Orchestra , ヘルマン・シェルヘン Hermann Scherchen , ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 Royal Philharmonic Orchestra

マーラー:交響曲第1番「巨人」、第10番 - アダージョ(ロイヤル・フィル/ウィーン国立歌劇場管/シェルヘン)

MAHLER, G.: Symphonies Nos. 1, "Titan" and 10: I. Adagio (Royal Philharmonic, Vienna State Opera Orchestra, Scherchen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/00028947124627

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第1番 ニ長調 「巨人」

Symphony No. 1 in D Major, "Titan"

録音: September 1954, Walthamstow Assembly Hall, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4542677
**:**
»  I. Langsam, schleppend
1.

-

**:**
»  II. Kräftig bewegt, doch nicht zu schnell
2.

-

**:**
»  III. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen
3.

-

**:**
»  IV. Sturmisch bewegt
4.

-

 
**:**
Symphony No. 10 in F-Sharp Major: I. Adagio
5.
録音: July 1952, Mozart Saal, Konzerthaus, Vienna (Wien), Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9651618
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ともやん 投稿日:2021/02/05
ヘルマン・シェルヘン(1891-1966)は、今年生誕130年を迎えるドイツ出身の名指揮者。いや名指揮者というよりアニメに登場するようなマッドな科学者というイメージを僕は持っています。普段は、論理的で冷静沈着なのに、興が高じてくるとなにをするかわからない、という印象です。54年のロイヤルフィルとのマーラーの巨人にもその片鱗を感じます。いまから60年以上前の録音なのにその音の良さに驚き。演奏もアクの強いもので、名盤と言われるワルターをスタンダードとすると、かなりテンポの緩急をつけた主観的な演奏。しかしそれが嫌味でないのは、シェルヘンがマーラーの意図をしっかりつかんでいるためだと思います。ワルターと聴き比べると面白い。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。