ホーム > アルバム > 00028947672883 ブルッフ:スコットランド幻想曲/モーツァルト:協奏交響曲 K. 364/二重奏曲 K. 423/ヒンデミット:ヴァイオリン協奏曲(ダヴィッド&イーゴリ・オイストラフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
00028947672883
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
パウル・ヒンデミット Paul Hindemith , マックス・ブルッフ Max Bruch , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
イーゴリ・オイストラフ Igor Oistrakh , ダヴィッド・オイストラフ David Oistrakh , キリル・コンドラシン Kirill Kondrashin , パウル・ヒンデミット Paul Hindemith , ヤッシャ・ホーレンシュタイン Jascha Horenstein , モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団 Moscow Philharmonic Orchestra , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

ブルッフ:スコットランド幻想曲/モーツァルト:協奏交響曲 K. 364/二重奏曲 K. 423/ヒンデミット:ヴァイオリン協奏曲(ダヴィッド&イーゴリ・オイストラフ)

BRUCH, M.: Scottish Fantasy / MOZART, W.A.: Sinfonia concertante, K. 364 / Duo, K. 423 / HINDEMITH, P.: Violin Concerto (D. and I. Oistrakh)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/00028947672883

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
協奏交響曲 変ホ長調 K. 364

Sinfonia concertante in E-Flat Major, K. 364

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4452834
**:**
»  I. Allegro maestoso
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Presto
3.

-

 
**:**
ヴァイオリンとヴィオラのためのニ重奏曲 ト長調 K. 423

Duo for Violin and Viola in G Major, K. 423

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4456866
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro
6.

-

マックス・ブルッフ - Max Bruch (1838-1920)

**:**
スコットランド幻想曲 Op. 46

Scottish Fantasy, Op. 46

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4456869
**:**
»  I. Adagio cantabile
7.

-

**:**
»  II. Allegro - Adagio
8.

-

**:**
»  III. Andante sostenuto
9.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro guerriero
10.

-

パウル・ヒンデミット - Paul Hindemith (1895-1963)

**:**
ヴァイオリン協奏曲

Violin Concerto

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4456873
**:**
»  I. Massig bewegte Halbe
11.

-

**:**
»  II. Langsam
12.

-

**:**
»  III. Lebhaft
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ビー太郎 投稿日:2016/06/10
昔レコードで聞いていたオイストラフ親子とコンドラシンとのモーツァルトの協奏交響曲k.364をナクソスで発見したので早速聞いてみました。さすが親子の音色には何とも言えない艶があります。第2楽章の哀愁を帯びた旋律をヴァイオリンとヴィオラの掛け合いで進めていくところは,正直ゾクゾクするほどの美しさですね。二重奏曲の方も素晴らしい演奏で聞き惚れます。1963年の録音ですが,さすがDECCA録音だけあって,温かみがあるアナログ録音の素晴らしさは特筆ものですね。CD時代になりノイズなしに名演奏が聴けるのは本当にありがたいと思いました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。