ホーム > アルバム > 0013752BC ヴァイル:7つの大罪/ベルリン・レクイエム/ハッピー・エンド/三文オペラ(マイ/ライプツィヒ放送響/ケーゲル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0013752BC
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, ミュージカル, 声楽曲, バレエ
作曲家
クルト・ヴァイル Kurt Weill
作詞家
エリザベート・ハウプトマン Elisabeth Hauptmann , ベルトルト・ブレヒト Bertolt Brecht
編曲者
ヘンリー・クルチル Henry Krtschil , ウィリアム・ブルックナー=リュッゲベルク Wilhelm Brückner-Rüggeberg
アーティスト
ヘンリー・クルチル Henry Krtschil , ヘルベルト・ケーゲル Herbert Kegel , ペーター・シュライアー Peter Schreier , スタジオ・オーケストラ Studio orchestra , スタジオ合唱団 Studio choir , ヘルマン・クリスティアン・ポルスター Hermann Christian Polster , ギーゼラ・マイ Gisela May , ギュンター・ライプ Gunther Leib , ライプツィヒ放送交響楽団 Leipzig Radio Symphony Orchestra , ハインツ・レーグナー Heinz Rogner , ハンス=ヨアヒム・ロッチェ Hans-Joachim Rotzsch

ヴァイル:7つの大罪/ベルリン・レクイエム/ハッピー・エンド/三文オペラ(マイ/ライプツィヒ放送響/ケーゲル)

WEILL, K.: 7 Deadly Sins (The) / Das Berliner Requiem / Happy End / Die Dreigroschenoper (The Threepenny Opera) (May)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0013752BC

全トラック選択/解除

クルト・ヴァイル - Kurt Weill (1900-1950)

**:**
七つの大罪(編曲:W. ブルックナー=リュッゲベルク)

Die 7 Todsunden (The 7 Deadly Sins) (arr. W. Bruckner-Ruggeberg)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/298282
**:**
»  Prologue: Meine Schwester und ich stammen aus Louisiana (Anna I, Anna II)
1.

-

**:**
»  Faulheit: Hoffentlich nimmt sich unsre Anna auch zusammen (Die Familie)
2.

-

**:**
»  Stolz: Als wir aber ausgestattet waren (Anna I, Die Familie)
3.

-

**:**
»  Zorn: Das geht nicht vorwarts (Die Familie, Anna I, Anna II)
4.

-

**:**
»  Vollerei: Da ist ein Brief aus Philadelphia (Die Familie)
5.

-

**:**
»  Unzucht: Und wir fanden einen Mann in Boston (Anna I, Anna II, Die Familie)
6.

-

**:**
»  Habsucht: Wie hier in der Zeitung steht (Die Familie)
7.

-

**:**
»  Neid: Und die letzte Stadt der Reise war San Francisco (Anna I, Die Familie)
8.

-

**:**
»  Epilogue: Darauf kehrten wir zuruck nach Louisiana (Anna I, Anna II)
9.

-

 
**:**
ベルリン・レクイエム - 水死した娘
10.

Das Berliner Requiem: Vom ertrunkenen Madchen

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/286967
 
**:**
ハッピー・エンド

Happy End (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/286968
**:**
»  Surabaya-Johnny
11.

-

**:**
»  Der Bilbao-Song
12.

-

**:**
»  Was die Herren Matrosen sagen
13.

-

**:**
»  Die Ballade von der Hollen-Lili
14.

-

 
**:**
歌劇「マハゴニー市の興亡」(抜粋)

Aufstieg und Fall der Stadt Mahagonny (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/286969
**:**
»  Der Havanna Song
15.

-

**:**
»  Denn wie man sich bettet, so liegt man
16.

-

 
**:**
三文オペラ

Die Dreigroschenoper (The Threepenny Opera)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/286970
**:**
»  Barbara-Song
17.

-

**:**
»  Die Ballade von der sexuellen Horigkeit
18.

-

**:**
»  Die Seerauber-Jenny
19.

-

 
**:**
ベルリン・レクイエム - ポツダムに通じるカシワの並木道(編曲:H. クルチル)
20.

Das Berliner Requiem: Zu Potsdam unter den Eichen (arr. H. Krtschil)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/286971
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: tanukawa 投稿日:2011/08/13
「7つの大罪」はクルト・ヴァイルがフランスに亡命中に作曲されたオペラ(微妙)で台本はブレヒトです。7つの大罪はあの有名な(?)大罪の事ですが、舞台はアメリカ。ルイジアナ出身の二人のANNA姉妹とその家族が登場人物です。罪の順番はプロローグの後、姉妹にたよりっきりな家族の「怠惰」成功した姉妹が陥る「傲慢」仕送りが少ないぞ(by 家族)「憤怒」贅沢の裏返しダイエット「飽食」やけの末に「淫奔」こんな家族やだ!「強欲」そりゃそれだけ色々あれば他人はみな良く見えるでしょうね「羨望」。そしてエピローグで故郷ルイジアナに戻ってきます。ヨーロッパで巨大な罪が渦巻こうとしていた時代にアメリカの田舎娘の放浪に大罪を投射する意図はいろいろ考えてしまいます。僕らの生活にも大罪が転がってる?演奏は東独の巨匠ケーゲルです

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。