ホーム > アルバム > 0015022KAI ノーノ:力と光の波のように/苦悩に満ちながらも晴朗な波/アシス:広がる波…ルイジ・ノーノと共に(ルンデル/ヴァリンスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
0015022KAI
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
パウロ・デ・アシス Paulo de Assis , ルイジ・ノーノ Luigi Nono
作詞家
フリオ・ウアシ Julio Huasi
アーティスト
パウロ・デ・アシス Paulo de Assis , レオ・ヴァリンスキー Léo Warinsky , 西ドイツ放送交響楽団 West German Radio Symphony Orchestra , クラウディア・バラインスキー Claudia Barainsky , ラインホルト・ブレイク Reinhold Braig , ヤン・ミヒールス Jan Michiels , アンドレ・リシャール André Richard , ペーター・ルンデル Peter Rundel , 南西ドイツ放送エクスペリメンタル・スタジオ South West German Radio Experimental Studio

ノーノ:力と光の波のように/苦悩に満ちながらも晴朗な波/アシス:広がる波…ルイジ・ノーノと共に(ルンデル/ヴァリンスキー)

NONO, L.: Como una ola de fuerza y luz / … sofferte onde serene … / ASSIS, P. de: unfolding waves … con luigi nono (Rundel, Warinsky)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0015022KAI

全トラック選択/解除

ルイジ・ノーノ - Luigi Nono (1924-1990)

**:**
力と光の波のように

Como una ola de fuerza y luz

録音: 10-11 November 2012, Philharmonie Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6473539
**:**
»  0'00": quarter note = 60 - I. Interno-dolce: Luciano! - II. Duro deciso: En los vientos azarózos … (soprano, orchestra, tape)
1.

-

**:**
»  6'30": Suono duro - Poco pedale sempre - Voces de niños … (soprano, piano, orchestra, tape)
2.

-

**:**
»  15'32" (piano, orchestra, tape)
3.

-

**:**
»  25'30" (piano, orchestra, tape)
4.

-

 
**:**
苦悩に満ちながらも晴朗な波
5.

… sofferte onde serene …

録音: 9 December 2016, Funkhaus Wallrafplatz, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6473597

パウロ・デ・アシス - Paulo de Assis (1969-)

**:**
広がる波…ルイジ・ノーノと共に
6.

unfolding waves … con luigi nono (after L. Nono's … sofferte onde serene …)

録音: 10-11 November 2012, Philharmonie Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6473598
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/02/01
ポリーニとアバドが初演、録音したことで、爆発的な知名度を獲得し、ノーノの代表作となった「力と光の波のように」の新録音(作曲家自身はヘルベルト・ケーゲルにも録音を依頼、録音もされています)。“チリ革命”時代の政権を批判し、鋭い詩を書いた若き詩人ルチアーノ・クルスを悼んで書かれたというこの曲は、予め録音されたテープ音と、ソプラノ独唱、ピアノ、フル・オーケストラの響きが混ざりあう混沌と波乱の音楽。「苦悩に満ちながらも晴朗な波」はピアノとテープの対話。この録音では、ポリーニの最初の録音以来、使用できなかったオリジナル・テープを再現して用いています。余白に収録されているのは「苦悩に満ちながらも晴朗な波」でサウンド・プロジェクションを務めるパウロ・デ・アシスのノーノへのオマージュ。ノーノの作曲テクニックを深く研究したという彼ならではの音空間です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。