ホーム > アルバム > 0017202BC マーラー:交響曲第5番(ウィーン響/スワロフスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0017202BC
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
アーティスト
ウィーン交響楽団 Vienna Symphony Orchestra , ハンス・スワロフスキー Hans Swarowsky

マーラー:交響曲第5番(ウィーン響/スワロフスキー)

MAHLER, G.: Symphony No. 5 (Vienna Symphony, Swarowski)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0017202BC

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第5番 嬰ハ短調

Symphony No. 5 in C-Sharp Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/282555
**:**
»  I. Trauermarsch
1.

-

**:**
»  II. Sturmisch bewegt, mit grosster Vehemenz
2.

-

**:**
»  III. Scherzo
3.

-

**:**
»  IV. Adagietto
4.

-

**:**
»  V. Rondo-Finale
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sammy 投稿日:2013/03/15
1960年代の録音だというこのアルバムの際立った鮮明な音は、優れた録音だけでなく、おそらく指揮者が明瞭な響きを目指しているゆえもあるのでしょう。ウィーン交響楽団の少しひなびた味わいの音色が、この上なく澄んだ引き締まった形で響き、しかも驚くべき遅さで克明に音楽を再現していくいわく言い難い不気味な美しさは、特に加速感や躍動感よりもうねうねした生々しさや澱まずに停滞するなんとなく不安な感覚、各旋律線の意味ありげなアピール感が際立つ最終楽章において極まる感じがあります。それらが絶妙なバランスの下に緊張感を持って保たれている不思議な感覚。ある種異形の名演として一聴に値すると思います。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。