ホーム > アルバム > 0021212BC マーラー:交響曲第3番(ラッペ/ウィンクラー/ベルリン放送合唱団/ベルリン放送響/レーグナー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0021212BC
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
伝承 Traditional , フリードリヒ・ニーチェ Friedrich Nietzsche
アーティスト
ベルリン放送交響楽団 Berlin Radio Symphony Orchestra (Radio-Sinfonie-Orchester Berlin) , ベルリン放送児童合唱団 Berlin Radio Children's Choir , ベルリン放送女声合唱団 Berlin Radio Chorus, female section , ヤドヴィガ・ラッペ Jadwiga Rappé , ハインツ・レーグナー Heinz Rogner

マーラー:交響曲第3番(ラッペ/ウィンクラー/ベルリン放送合唱団/ベルリン放送響/レーグナー)

MAHLER, G.: Symphony No. 3 (Rappe, Winkler, Berlin Radio Chorus and Symphony, Rogner)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0021212BC

全トラック選択/解除

Disc 1

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第3番 ニ短調

Symphony No. 3 in D Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/289386
**:**
»  I. Kraftig, Entschieden
1.

-

**:**
»  I. Langsam
2.

-

**:**
»  I. Tempo I
3.

-

**:**
»  I. A tempo
4.

-

**:**
»  I. Immer dasselbe tempo
5.

-

**:**
»  I. Allegro moderato
6.

-

**:**
»  I. Tempo I
7.

-

**:**
»  II. Tempo di menuetto - Sehr massig
8.

-

**:**
»  II. A tempo
9.

-

**:**
»  II. Ganz plotzlich gemachlich: Tempo di menuetto
10.

-

**:**
»  III. Comodo, Scherzando, Ohne Hast
11.

-

**:**
»  III. Wieder sehr gemachlich, wie zu Anfang
12.

-

**:**
»  III. Sehr gemachlich
13.

-

**:**
»  III. Tempo I
14.

-

**:**
»  III. Wieder sehr gemachlich, beinahe langsam
15.

-

Disc 2

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第3番 ニ短調

Symphony No. 3 in D Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/289386
**:**
»  IV. Sehr langsam, Misterioso
1.

-

**:**
»  IV. Più mosso subito
2.

-

**:**
»  V. Lustig im Tempo und keck im Ausdruck
3.

-

**:**
»  VI. Langsam - Ruhevoll - Empfunden
4.

-

**:**
»  VI. Nicht mehr so breit
5.

-

**:**
»  VI. Tempo I: Ruhevoll
6.

-

**:**
»  VI. A tempo
7.

-

**:**
»  VI. Tempo I
8.

-

**:**
»  VI. Langsam: Tempo I
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sammy 投稿日:2011/03/21
高い世評どおりの名盤です。マーラーの交響曲の中でも特に長大で、下手すると取り留めのないようにも思えるこの作品を、レークナーはしなやかかつ伸びやかに捉え、隅々まで晴朗かつ丁寧に歌いながら全体としておおらかな呼吸感で、実に牧歌的な響きでまとめています。ソロ、合唱、そしてもちろんオーケストラも見事です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。