ホーム > アルバム > 0030112BC ブルックナー:交響曲第5番(ベルリン放送響/レーグナー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0030112BC
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アントン・ブルックナー Anton Bruckner
アーティスト
ベルリン放送交響楽団 Berlin Radio Symphony Orchestra (Radio-Sinfonie-Orchester Berlin) , ハインツ・レーグナー Heinz Rogner

ブルックナー:交響曲第5番(ベルリン放送響/レーグナー)

BRUCKNER, A.: Symphony No. 5 (Berlin Radio Symphony, Rogner)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0030112BC

全トラック選択/解除

アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)

**:**
交響曲第5番 変ロ長調 WAB 105

Symphony No. 5 in B-Flat Major, WAB 105

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/284032
**:**
»  I. Introduction: Adagio - Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio, Sehr langsam
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Molto vivace
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Adagio - Allegro moderato
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ビー太郎 投稿日:2016/08/13
僕はブルックナーに関しては全般にゆったりとしたテンポのものが好みなのですが、そういうことで「食わず嫌い」だったレーグナーの第5番を聞いてみました。思い切りのいいテンポで「堂々」とか「ため」とかとは無縁の「疾走」するブルックナーですが、さすがにベルリン放送響の実力が高く、最後まで脱落者を出さずに全員でゴールするような爽快感があり、心地よく聞けました。第5番はこういう演奏に向いていると思いました。お薦めだと思います。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。