ホーム > アルバム > 0031952BC ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲 Op. 3, No. 6 /ナルディーニ:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調/ヴィオッティ:ヴァイオリン協奏曲第22番(シェルツァー/ベルリン室内管/コッホ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0031952BC
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi , ジョヴァンニ・バティスタ・ヴィオッティ Giovanni Battista Viotti , ピエトロ・ナルディーニ Pietro Nardini
アーティスト
ロベルト・ケープラー Robert Kobler , ヘルムート・コッホ Helmut Koch , マンフレッド・シェルツァー Manfred Scherzer , ベルリン室内管弦楽団 Berlin Chamber Orchestra

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲 Op. 3, No. 6 /ナルディーニ:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調/ヴィオッティ:ヴァイオリン協奏曲第22番(シェルツァー/ベルリン室内管/コッホ)

VIVALDI, A.: Violin Concerto, Op. 3, No. 6 / NARDINI, P.: Violin Concerto in E Minor / VIOTTI, G.B.: Violin Concerto No. 22 (Scherzer)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0031952BC

全トラック選択/解除

アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 イ短調 Op. 3, No. 6, RV 356

Violin Concerto in A Minor, Op. 3, No. 6, RV 356

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/284148
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Largo e pianissimo sempre
2.

-

**:**
»  III. Presto
3.

-

ピエトロ・ナルディーニ - Pietro Nardini (1722-1793)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 ホ短調(編曲:E. ペンテ)

Violin Concerto in E Minor (arr. E. Pente)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/284149
**:**
»  I. Allegro moderato
4.

-

**:**
»  II. Andante cantabile
5.

-

**:**
»  III. Allegro giocoso
6.

-

ジョヴァンニ・バティスタ・ヴィオッティ - Giovanni Battista Viotti (1755-1824)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第22番 イ短調 G. 97

Violin Concerto No. 22 in A Minor, G. 97

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/284150
**:**
»  I. Moderato
7.

-

**:**
»  II. Adagio
8.

-

**:**
»  III. Agitato assai
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2010/05/07
イタリア・バロックの各期を代表する三巨匠の流麗なヴァイオリン協奏曲の競演アルバムです。三人三様の旋律はどこまでも甘美で、時には軽快に、時には哀愁を湛えて真に素晴らしいの一言に尽きます。ピエトロ・ナルディーニはピサの近郊で生まれ12才から6年間タルティーニに師事、1770年からはフィレンツェのトスカナ大公に仕え1793/5/7亡くなるまで宮廷楽長を勤めました。
レビュアー: Tossy 投稿日:2015/12/10
ヴィオッティの第22番は初演された1793年の時点で、まさにヴァイオリン協奏曲というジャンルの金字塔といえる存在でした。オーケストラの扱いも含めて後の作曲家に与えた影響は計り知れないものがあります。もしこの曲がなければ、ベートーベンのヴァイオリン協奏曲やブラームスの二重協奏曲は今の形では存在し得なかったと思われます。東ドイツの重鎮コッホがバックを務めるここでの演奏は、イタリア風とは一味違って曲の構成にも重点が置かれ、この曲のもうひとつの側面が明らかになった優れた演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。