ホーム > アルバム > 0092692BC ブラームス:愛の歌/新・愛の歌(ベルリン放送合唱団/ハウシルド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0092692BC
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル, 合唱曲(世俗曲)
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
作詞家
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ Johann Wolfgang von Goethe , ゲオルク・フリードリヒ・ダウマー Georg Friedrich Daumer , 伝承 Traditional
アーティスト
アルミン・ウーデ Armin Ude , ディーター・ツェヒリン Dieter Zechlin , ヴォルフ=ディーター・ハウシルト Wolf-Dieter Hauschild , バルバラ・ヘーネ Barbara Hoene , ベルリン放送合唱団のソリスト Berlin Radio Chorus, soloists , ギゼラ・ポール Gisela Pohl , ジークフリート・ローレンツ Siegfried Lorenz , Hans Bassler , Klaus Bassler

ブラームス:愛の歌/新・愛の歌(ベルリン放送合唱団/ハウシルド)

BRAHMS, J.: 18 Liebeslieder Waltzes / Neue Liebeslieder Waltzes (Hauschild)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0092692BC

全トラック選択/解除

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ワルツ集 「愛の歌」 Op. 52

18 Liebeslieder Waltzes, Op. 52

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/284386
**:**
»  No. 1. Rede, Madchen, allzu liebes
1.

-

**:**
»  No. 2. Am Gesteine rauscht die Flut
2.

-

**:**
»  No. 3. O die Frauen
3.

-

**:**
»  No. 4. Wie des Abends schöne Rote
4.

-

**:**
»  No. 5. Die grune Hopfenranke
5.

-

**:**
»  No. 6. Ein kleiner, hubscher Vogel
6.

-

**:**
»  No. 7. Wohl schon bewandt
7.

-

**:**
»  No. 8. Wenn so lind dein Auge mir
8.

-

**:**
»  No. 9. Am Donaustrande
9.

-

**:**
»  No. 10. O wie sanft die Quelle sich
10.

-

**:**
»  No. 11. Nein, es ist nicht auszukommen
11.

-

**:**
»  No. 12. Schlosser auf
12.

-

**:**
»  No. 13. Vogelein durchrauscht die Luft
13.

-

**:**
»  No. 14. Sieh, wie ist die Welle klar
14.

-

**:**
»  No. 15. Nachtigall, sie singt so schon
15.

-

**:**
»  No. 16. Ein dunkeler Schacht ist Liebe
16.

-

**:**
»  No. 17. Nicht wandle, mein Licht
17.

-

**:**
»  No. 18. Es bebet das Gestrauche
18.

-

 
**:**
ワルツ集 「新・愛の歌」 Op. 65

Neue Liebeslieder Waltzes, Op. 65

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/284387
**:**
»  No. 1. Verzicht', o Herz
19.

-

**:**
»  No. 2. Finstere Schatten der Nacht
20.

-

**:**
»  No. 3. An jeder Hand die Finger
21.

-

**:**
»  No. 4. Ihr schwarzen Augen
22.

-

**:**
»  No. 5. Wahre, wahre deinen Sohn
23.

-

**:**
»  No. 6. Rosen steckt mir an die Mutter
24.

-

**:**
»  No. 7. Vom Gebirge
25.

-

**:**
»  No. 8. Weiche Graser im Revier
26.

-

**:**
»  No. 9. Nagen am Herzen
27.

-

**:**
»  No. 10. Ich kose suss
28.

-

**:**
»  No. 11. Alles, alles in den Wind
29.

-

**:**
»  No. 12. Schwarzer Wald
30.

-

**:**
»  No. 13. Nein, Geliebter
31.

-

**:**
»  No. 14. Flammenauge
32.

-

**:**
»  No. 15. Nun ihr Musen, genug!
33.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2012/01/05
30代の半ばから終りにかけてブラームスが作った声楽曲のうち悲しみを表した「レクイエム」と悲恋の心の傷を嘆じた「冬のハルツの旅」の間に作られた「愛の歌」全18曲がウィーンでブラームスとクララ・シューマンのピアノなどで初演されたのが1870/1/5でした。4手のピアノをバックに人生のよろこびをソプラノで美しく歌っているのは1944年ドイツ出身のバーバラ・ヘーネです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。