ホーム > アルバム > 0092892BC ヴェルディ:レクイエム(ライプツィヒ放送合唱団/ライプツィヒ放送響/パターネ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0092892BC
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ジュゼッペ・ヴェルディ Giuseppe Verdi
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ルイジ・オットリーニ Luigi Ottolini , ボナルド・ジャオッティ Bonaldo Giaiotti , ジュゼッペ・パターネ Giuseppe Patanè , リリアナ・モルナール=タライツ Ljiljana Molnar-Talajic , ライプツィヒ放送合唱団 Leipzig Radio Chorus , ライプツィヒ放送交響楽団 Leipzig Radio Symphony Orchestra , マルガリータ・リロワ Margarita Lilowa

ヴェルディ:レクイエム(ライプツィヒ放送合唱団/ライプツィヒ放送響/パターネ)

VERDI, G.: Messa da Requiem (Leipzig Radio Chorus, Leipzig Radio Symphony, Patane)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0092892BC

全トラック選択/解除

Disc 1

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
レクイエム

Messa da Requiem

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/287813
**:**
»  Requiem: Requiem aeternam
1.

-

**:**
»  Requiem: Kyrie
2.

-

**:**
»  Dies irae: Dies irae, dies illa
3.

-

**:**
»  Dies irae: Tuba mirum
4.

-

**:**
»  Dies irae: Mors stupebit
5.

-

**:**
»  Dies irae: Liber scriptus
6.

-

**:**
»  Dies irae: Quid sum miser
7.

-

**:**
»  Dies irae: Rex tremendae
8.

-

**:**
»  Dies irae: Recordare
9.

-

**:**
»  Dies irae: Ingemisco
10.

-

**:**
»  Dies irae: Confutatis
11.

-

**:**
»  Dies irae: Dies irae, dies illa
12.

-

**:**
»  Dies irae: Lacrymosa
13.

-

Disc 2

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
レクイエム

Messa da Requiem

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/287813
**:**
»  Offertorio: Domine Jesu
1.

-

**:**
»  Offertorio: Hostias et preces tibi
2.

-

**:**
»  Sanctus
3.

-

**:**
»  Agnus Dei
4.

-

**:**
»  Lux aeterna
5.

-

**:**
»  Libera me: Libera me, Domine
6.

-

**:**
»  Libera me: Dies irae
7.

-

**:**
»  Libera me: Requiem aeternam
8.

-

**:**
»  Libera me: Libera me, Domine
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2011/05/20
ヴェルディのレクイエムが初演されたのは1874/5/22でした。彼が若い頃から崇拝していた故国イタリアの文豪アレッサンドロ・マンゾーニの死を悼んで作曲したもので、マンゾーニの1周忌にミラノのサン・マルコ寺院でヴェルディの指揮で初演されました。オペラの作曲家として有名なヴェルディは宗教音楽や歌曲なども残していますが、このレクイエムは異色の傑作と言えましょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。