ホーム > アルバム > 0185792BC ヴィエニャフスキ:ヴァイオリン協奏曲第2番/サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン/パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番(オイストラフ/ヴォイク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0185792BC
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ヘンリク・ヴィエニャフスキ Henryk Wieniawski , パブロ・デ・サラサーテ Pablo de Sarasate , ニコロ・パガニーニ Nicolò Paganini
アーティスト
イオン・ヴォイク Ion Voicu , イーゴリ・オイストラフ Igor Oistrakh , フランツ・コンヴィチュニー Franz Konwitschny , ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団 Dresden Philharmonic Orchestra , ハインツ・ボンガルツ Heinz Bongartz , ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 Leipzig Gewandhaus Orchestra

ヴィエニャフスキ:ヴァイオリン協奏曲第2番/サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン/パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番(オイストラフ/ヴォイク)

WIENIAWSKI, H.: Violin Concerto No. 2 / SARASATE, P. de: Zigeunerweisen / PAGANINI, N.: Violin Concerto No. 1 (Oistrakh, Voicu)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0185792BC

全トラック選択/解除

パブロ・デ・サラサーテ - Pablo de Sarasate (1844-1908)

**:**
ツィゴイネルワイゼン Op. 20 (ヴァイオリンと管弦楽版)
1.

Zigeunerweisen, Op. 20 (version for violin and orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355465

ヘンリク・ヴィエニャフスキ - Henryk Wieniawski (1835-1880)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第2番 ニ短調 Op. 22

Violin Concerto No. 2 in D Minor, Op. 22

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355466
**:**
»  I. Allegro moderato
2.

-

**:**
»  II. Romance: Andante
3.

-

**:**
»  III. Allegro con fuoco - Allegro moderato
4.

-

ニコロ・パガニーニ - Nicolò Paganini (1782-1840)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調 Op. 6

Violin Concerto No. 1 in D Major, Op. 6

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355768
**:**
»  I. Allegro maestoso
5.

-

**:**
»  II. Adagio
6.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro spirituoso
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2010/03/10
ヴァイオリンのヴィルトゥオーソ3人を一堂に集めた豪華アルバムのトップを飾るサラサーテは1844/3/10生まれ。10才の神童はイサベル2世の御前演奏で得た下賜金でパリ音楽院へ留学。21才でサン・サーンスと演奏旅行へ。そのサン・サーンスやラロ、ブルッフから夫々のヴァイオリンの代表曲を献呈されたサラサーテですが、慢性気管支炎のため64才で他界。
レビュアー: partitio 投稿日:2010/03/11
息子オイストラフのほうにはヴィエニャフスキの演奏があったんですね。ご紹介いただいた2カルロスさんには感謝します。ただ、レビューでわざわざ作曲家の経歴を「紹介」する必要はないでしょう。曲の内容や演奏の特徴を中心に書いていただければ助かります。さて、鶴我裕子さんは自分はこの曲が嫌いだ、父オイストラフも同じだったらしく録音がないようだと書いておられました(『バイオリニストは目が赤い』)。代わりにこちらを聴いてみると、全編を貫く美音に加えて、鶴我さんが苦手だという一弓スタッカート箇所の処理、第2楽章の(父譲りの?)大きな歌、終楽章の鮮やかな弓使いなど、相当な名演になっています。渋い響きのバックも曲に合ってますし、ノーカットなのも嬉しいところ。これを聴いたら鶴我さんにもこの曲が好きになってもらえるでしょうか?
レビュアー: guitarnomad 投稿日:2011/07/05
イオン・ヴォイク!素晴らしい名手.

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。