ホーム > アルバム > 0300066BC オルフ:カルミナ・ブラーナ(ケーゲル/ノイマン/K. ワーグナー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0300066BC
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
カール・オルフ Carl Orff
作詞家
エウリピデス Euripides , カール・オルフ Carl Orff , カトゥルス Catullus, , サッフォー Sappho , 不詳 Anonymous
アーティスト
ヴォルフガング・ヴァプラー Wolfgang Wappler , レジーナ・ヴェルナー Regina Werner , ゲルハルト・エルバー Gerhard Erber , チェレスティーナ・カサピエトラ Celestina Casapietra , レナーテ・クラーマー Renate Krahmer , ヘルベルト・ケーゲル Herbert Kegel , ライナー・スス Reiner Suss , カール=ハインツ・ストリツェク Karl-Heinz Stryczek , ユッタ・チャプスキ Jutta Czapski , ドレスデン少年合唱団 Dresden Boys Choir , イザベル・ナヴェ Isabell Nawe , ホルスト・ノイマン Horst Neumann , ホルスト・ヒースターマン Horst Hiestermann , エバーハルト・ビュヒナー Eberhard Büchner , ギュンター・フィリップ Gunter Philipp , ベルリン放送合唱団 Berlin Radio Choir , ウーテ・マイ Ute Mai , ライプツィヒ放送合唱団 Leipzig Radio Chorus , ライプツィヒ放送交響楽団 Leipzig Radio Symphony Orchestra , コンラート・ワーグナー Konrad Wagner

オルフ:カルミナ・ブラーナ(ケーゲル/ノイマン/K. ワーグナー)

ORFF, C.: Carmina Burana (Kegel, Neumann, K. Wagner)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0300066BC

全トラック選択/解除

Disc 1

カール・オルフ - Carl Orff (1895-1982)

**:**
カルミナ・ブラーナ

Carmina Burana

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/783945
**:**
»  Fortuna Imperatrix Mundi: O Fortuna
1.

-

**:**
»  Fortuna Imperatrix Mundi: Fortune plango vulnera
2.

-

**:**
»  I. Primo vere: Veris leta facies
3.

-

**:**
»  I. Primo vere: Omnia sol temperat
4.

-

**:**
»  I. Primo vere: Ecce gratum
5.

-

**:**
»  Uf dem anger: Tanz
6.

-

**:**
»  Uf dem anger: Floret Silva
7.

-

**:**
»  Uf dem anger: Chramer, gip die varwe mir
8.

-

**:**
»  Uf dem anger: Reie - Swaz hie gat umbe - Chume, chum geselle min
9.

-

**:**
»  Uf dem anger: Were diu werlt alle min
10.

-

**:**
»  II. In taberna: Estuans interius
11.

-

**:**
»  II. In taberna: Olim lacus colueram
12.

-

**:**
»  II. In taberna: Ego sum abbas
13.

-

**:**
»  II. In taberna: In taberna quando sumus
14.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Amor volat undique
15.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Dies, nox et omnia
16.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Stetit puella
17.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Circa mea pectora
18.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Si puer cum puellula
19.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Veni, veni, venias
20.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: In trutina
21.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Tempus est iocundum
22.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Dulcissime
23.

-

**:**
»  Blanziflor et Helena: Ave formosissima
24.

-

**:**
»  Fortuna Imperatrix Mundi: O Fortuna
25.

-

 
**:**
カトゥーリ・カルミナ

Catulli Carmina

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/783957
**:**
»  Praelusio: Eis aiona! (Chorus)
26.

-

Disc 2

カール・オルフ - Carl Orff (1895-1982)

**:**
カトゥーリ・カルミナ

Catulli Carmina

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/783957
**:**
»  Actus I: Odi et amo (Chorus, Tenor, Soprano)
1.

-

**:**
»  Actus II: Jucundum, mea vita (Chorus, Soprano)
2.

-

**:**
»  Actus III: Odi et amo (Chorus, Tenor)
3.

-

**:**
»  Exodium: Eis aiona! (Chorus)
4.

-

 
**:**
アフロディーテの勝利

Trionfo di Afrodite

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/783958
**:**
»  I. Canto amebeo di vergini e giovani a Vespero in attesa della sposa e dello sposo (Corifeo, Chorus, Corifea) -
5.

-

**:**
»  II. Corteo nuziale ed arrivo della sposa e dello sposo (Chorus) -
6.

-

**:**
»  III. Sposa e sposo (Sposa, Sposo, Chorus)
7.

-

**:**
»  IV. Invocazione dell'Imeneo - Inno all'Imeneo (Chorus) -
8.

-

**:**
»  V. Ludi e canti nuziali davanti al talamo: Inno all'Imeneo (Chorus, 2 Soprano, Corifeo) -
9.

-

**:**
»  V. Ludi e canti nuziali davanti al talamo: La sposa viene accolta (Chorus, 2 Soprano)
10.

-

**:**
»  V. Ludi e canti nuziali davanti al talamo: La sposa viene condotta alla camera nuziale (Corifeo, Chorus)
11.

-

**:**
»  V. Ludi e canti nuziali davanti al talamo: Epitalamo (Corifeo, Chorus)
12.

-

**:**
»  VI. Canto di novelli sposi dal talamo (Sposa, Sposo) -
13.

-

**:**
»  VII. Apparizione di Afrodite (Tutti)
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2012/07/10
1895/7/10ミュンヘン生まれのカール・オルフのカルミナ・ブラーナをどうぞ。カトゥリ・カルミナとアフロディテの勝利とのカンタータ3部作の第1部でオルフの出世作であり代表作は1937/7/8フランクフルト・アム・マインで初演され絶賛を博しました。既成の音楽ジャンルにはない単純で明快なリズム感は躍動的で、人間の本能をくすぐるような感情表現が聴く人々の心を捉えたのでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。