ホーム > アルバム > 0724355716859 ヴェルディ:レクイエム(ゲオルギュー/バルチェッローナ/アラーニャ/コンスタンティノフ/ベルリン・フィル/アバド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0724355716859
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ジュゼッペ・ヴェルディ Giuseppe Verdi
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
クラウディオ・アバド Claudio Abbado , ロベルト・アラーニャ Roberto Alagna , エリック・エリクソン室内合唱団 Eric Ericson Chamber Choir, The , オルフェオン・ドノスティアラ Orfeon Donostiarra , アンジェラ・ゲオルギュー Angela Gheorghiu , ジュリアン・コンスタンティノフ Julian Konstantinov , スウェーデン放送合唱団 Swedish Radio Chorus , ダニエラ・バルチェッローナ Daniela Barcellona , ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 Berlin Philharmonic Orchestra

ヴェルディ:レクイエム(ゲオルギュー/バルチェッローナ/アラーニャ/コンスタンティノフ/ベルリン・フィル/アバド)

VERDI, G.: Messa da Requiem (Abbado)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0724355716859

全トラック選択/解除

Disc 1

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
レクイエム

Messa da Requiem

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1401051
**:**
»  Requiem: Requiem
1.

-

**:**
»  Requiem: Kyrie eleison
2.

-

**:**
»  Dies Irae: Dies irae
3.

-

**:**
»  Dies Irae: Tuba mirum
4.

-

**:**
»  Dies Irae: Mors stupebit
5.

-

**:**
»  Dies Irae: Liber scriptus
6.

-

**:**
»  Dies Irae: Quid sum miser
7.

-

**:**
»  Dies Irae: Rex tremendae
8.

-

**:**
»  Dies Irae: Recordare
9.

-

**:**
»  Dies Irae: Ingemisco
10.

-

**:**
»  Dies Irae: Confutatis
11.

-

**:**
»  Dies Irae: Lacrymosa
12.

-

Disc 2

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
レクイエム

Messa da Requiem

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1401051
**:**
»  Offertorio: Domine Jesu Christe
1.

-

**:**
»  Offertorio: Hostias
2.

-

**:**
»  Sanctus
3.

-

**:**
»  Agnus Dei
4.

-

**:**
»  Lux Aeterna
5.

-

**:**
»  Libera me: Libera me, Domine
6.

-

**:**
»  Libera Me: Dies irae
7.

-

**:**
»  Libera Me: Requiem aeternam
8.

-

**:**
»  Libera Me: Libera Me, Domine
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2014/12/11
2014年1月、世界最高峰の指揮者のひとり、クラウディオ・アバドが永眠しました。彼が残した多くの録音の一部がNMLでもお聴き頂けます。このヴェルディのレクイエムは、2001年のヴェルディ没後100年にあわせた演奏会のライヴ録音。前年に大手術を行い、それから間もない時期の演奏ですが、気迫に満ちた指揮は、病の影すら感じさせません。激しく、時に美しく、オーケストラ、合唱、ソロ、すべてが一体となり、アバドの熱意に応えています。数種類ある同曲の録音のなかでも、最高の演奏の一つでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。