ホーム > アルバム > 0724355785558 ショスタコーヴィチ:交響曲第1番、第9番/バーバー:弦楽のためのアダージョ(ミュンヘン・フィル/チェリビダッケ)

ショスタコーヴィチ:交響曲第1番、第9番/バーバー:弦楽のためのアダージョ(ミュンヘン・フィル/チェリビダッケ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0724355785558
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ドミートリー・ショスタコーヴィチ Dmitry Shostakovich , サミュエル・バーバー Samuel Barber , na Not Applicable
アーティスト
セルジュ・チェリビダッケ Sergiu Celibidache , ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 Munich Philharmonic Orchestra

ショスタコーヴィチ:交響曲第1番、第9番/バーバー:弦楽のためのアダージョ(ミュンヘン・フィル/チェリビダッケ)

SHOSTAKOVICH, D.: Symphonies Nos. 1 and 9 / BARBER, S.: Adagio for Strings (Celibidache)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0724355785558

全トラック選択/解除

- na Not Applicable

**:**
拍手
1.

Applause

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8154530

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
交響曲第1番 ヘ短調 Op. 10

Symphony No. 1 in F Minor, Op. 10

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8154531
**:**
»  I. Allegretto - Allegro non troppo
2.

-

**:**
»  II. Allegro
3.

-

**:**
»  III. Lento
4.

-

**:**
»  IV. Allegro molto
5.

-

- na Not Applicable

**:**
拍手
6.

Applause

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8154532

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
Symphony No. 9 in E-Flat Major, Op. 70

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8154533
**:**
»  I. Allegro
7.

-

**:**
»  II. Moderato
8.

-

**:**
»  III. Presto -
9.

-

**:**
»  IV. Largo -
10.

-

**:**
»  V. Allegretto
11.

-

- na Not Applicable

**:**
拍手
12.

Applause

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8154534

サミュエル・バーバー - Samuel Barber (1910-1981)

**:**
弦楽のためのアダージョ Op. 11

Adagio for Strings, Op. 11

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8154535
**:**
»  Adagio for Strings, Op. 11
13.

-

- na Not Applicable

**:**
拍手
14.

Applause

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8154536
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ビー太郎 投稿日:2015/05/17
ショスタコーヴィッチでこういう名演が聴けるとは思っていませんでした。かなりゆっくり目のテンポですが,刻むように進められていく音楽には説得力があります。但し,9番は軽妙洒脱な感じではありませんが,,,バーバーはぐっと抑制させて放縦にならないところにチェリビダッケの美学があると思います。生で聴きたかったと思います。
レビュアー: 写楽斎 投稿日:2016/11/22
若い頃からショスタコーヴィチを手がけているチェリビダッケによる、円熟の演奏、と言ったら良いだろうか? たしかにテンポは遅くなっているが、とかく、ガリガリした演奏の多いショスタコーヴィチの和声を、ここまで美しく、緻密に訊かせる演奏もそう、ないのではないか? さすがとしか言いようがない名演です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。