ホーム > アルバム > 0724356950955 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」/ドヴォルザーク:交響曲第8番(ギレリス/クリーヴランド管/セル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
0724356950955
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
アントニン・ドヴォルザーク Antonín Dvořák , ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
アーティスト
エミール・ギレリス Emil Gilels , クリーヴランド管弦楽団 Cleveland Orchestra , ジョージ・セル George Szell

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」/ドヴォルザーク:交響曲第8番(ギレリス/クリーヴランド管/セル)

BEETHOVEN, L. van: Piano Concerto No. 5 / DVORAK, A.: Symphony No. 8 (Gilels, Szell)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/0724356950955

全トラック選択/解除

Disc 1

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 「皇帝」 Op. 73

Piano Concerto No. 5 in E-Flat Major, Op. 73, "Emperor"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1346176
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio un poco mosso
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro
3.

-

 
**:**
32 Variations in C Minor, WoO 80
4.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7409339
 
**:**
ウラニツキーのバレエ「森の娘」からロシア舞曲による12の変奏曲 WoO 71
5.

12 Variations in A Major on a Russian Dance from Wranitzky and Kinsky's Das Wäldmadchen, WoO 71

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7409340
 
**:**
6 Variations on an Original Theme in D Major, Op. 76
6.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7409341

Disc 2

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
Symphony No. 8 in G Major, Op. 88, B. 163

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7409342
**:**
»  I. Allegro con brio
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegretto grazioso - Molto vivace
3.

-

**:**
»  IV. Allegro ma non troppo
4.

-

 
**:**
Slavonic Dances, Series 2, Op. 72, B. 147: No. 2 in E Minor
5.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7409343
 
**:**
スラヴ舞曲集 第1集 Op. 46, B. 83 - 第3番 変イ長調
6.

Slavonic Dances, Series 1, Op. 46, B. 83: No. 3 in A-Flat Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7409344
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: kunkun 投稿日:2015/02/13
このドヴォルザーク8番が人口に膾炙したのは、CMで流れたブルーノ・ワルター=コロンビア響の演奏だと思うのですが、その頃でも一番の名演だと言われていたのは、このセル最後のスタジオ録音である当盤です。こと第3楽章について言えば、ワルターの切々たる歌に比すと実に恬淡としたものですが、それだけ一層、トリオから主部に戻る時の、タメ、ルバートに、聴くもの皆悶絶してしまった訳です。じっくり聴いているとデュナーミクにも細かい芸が感じられ、セルが決して即物的な指揮者でないことに気付きます。やはり彼は完璧主義者なのでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。