ホーム > アルバム > 190295704780 ニュー・ステージ~リスト&ショパンを弾く(小林愛実)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
190295704780
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フレデリック・ショパン Fryderyk Chopin , フランツ・リスト Franz Liszt
アーティスト
小林愛実 Aimi Kobayashi

ニュー・ステージ~リスト&ショパンを弾く(小林愛実)

CHOPIN, F.: Piano Sonata No. 2, "Funeral March" / LISZT, F.: Années de pèlerinage, 2nd year, Italy (excerpts) (Aimi Kobayashi)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/190295704780

全トラック選択/解除

フレデリック・ショパン - Fryderyk Chopin (1810-1849)

**:**
ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 「葬送」 Op. 35

Piano Sonata No. 2 in B-Flat Minor, Op. 35, "Funeral March"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6468705
**:**
»  I. Grave - Doppio movimento
1.

-

**:**
»  II. Scherzo
2.

-

**:**
»  III. Marche funèbre: Lento
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Presto
4.

-

フランツ・リスト - Franz Liszt (1811-1886)

**:**
巡礼の年 第2年 イタリア S161/R10b (抜粋)

Années de pèlerinage, 2nd year, Italy, S161/R10b (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6468706
**:**
»  No. 4. Sonetto 47 del Petrarca (Sonnet 47 of Petrarch)
5.

-

**:**
»  No. 5. Sonetto 104 del Petrarca (Sonnet 104 of Petrarch)
6.

-

**:**
»  No. 6. Sonetto 123 del Petrarca (Sonnet 123 of Petrarch)
7.

-

**:**
»  No. 7. Apres une lecture du Dante, fantasia quasi una sonata (After Reading Dante)
8.

-

 
**:**
愛の夢 S541/R211 - 第3番 夜想曲 変イ長調
9.

Liebesträume, S541/R211: No. 3. Nocturne in A-Flat Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6468707
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2018/04/01
9歳の頃からカーネギーホールで演奏し、スピヴァコフ、ブリュッヘンなどさまざまな大指揮者と共演。14歳で鮮烈なデビューを果たした小林愛実。2011年にリリースしたセカンド・アルバムから6年、ワーナークラシックス・インターナショナル契約第1弾アルバムがリリースされました。ショパン国際ピアノ・コンクールのファイナリストでもある彼女が得意するショパンのピアノ・ソナタ第2番、同時代のヴィルトゥオーゾ、フランツ・リストの巡礼の年第2年「イタリア」、愛の夢と、研ぎ澄まされた彼女のピアニズムを存分に堪能できる一枚です。【※今回のこのNMLでの配信開始にあたり、小林愛実さんご本人より動画メッセージをいただいております。https://goo.gl/s26qWy からどうぞ】
レビュアー: CD帯紹介文 (ワーナークラシックス) 投稿日:2018/04/01
その桁外れの実力から一躍脚光を浴びながら、14 歳で天才少女として旧EMIレーベルより鮮烈なデビューを果たした小林愛実。カーネギーホール等の世界の檜舞台に立ち続け、更なる研鑽を積むために活動の拠点をアメリカに移し、カーティス音楽院に籍を置きながら演奏活動の幅を広げています。 旧EMIレーベルよりリリースした2枚目のアルバム「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ『熱情』」から6年が経つ2017年、脱皮した蝶のように、天才少女から若手女流ピアニストへと目覚ましい進化を遂げた小林は、得意とする2人の作曲家、ショパンとリストの深い理解を要する難曲かつ名曲を選曲録音。 待望のニューアルバム「ニュー・ステージ~リスト&ショパンを弾く」、ワーナークラシックス(インターナショナル契約)より2018年4月4日発売です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。