ホーム > アルバム > 1C1148 L. ブーランジェ:詩篇集- 24, 129, 130 (ストリンガー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
1C1148
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
リリー・ブーランジェ Lili Boulanger
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , 不詳 Anonymous , アルフレード・ド・ミュッセ Alfred de Musset
アーティスト
マーク・ストリンガー Mark Stringer , マルシャル・ドフォンテーヌ Martial Defontaine , ナムール交響合唱団 Namur Symphonic Choir , ソニア・ド・ボーフォル Sonia de Beaufort , ヴァンサン・ル・テキシエ Vincent Le Texier , ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団 Luxembourg Philharmonic Orchestra

L. ブーランジェ:詩篇集- 24, 129, 130 (ストリンガー)

BOULANGER, L.: Psalms - 24, 129, 130 / Pour les funerailles d'un soldat / D'un soir triste / Vieille priere bouddhique (Stringer)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/1C1148

全トラック選択/解除

リリー・ブーランジェ - Lili Boulanger (1893-1918)

**:**
詩篇第24篇 「La terre appartient a l'Eternel」
1.

Psalm 24, "La terre appartient a l'Eternel"

録音: September 1998, Conservatoire Luxembourg, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/302575
 
**:**
兵士の埋葬のために
2.

Pour les funerailles d'un soldat

録音: September 1998, Conservatoire Luxembourg, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/302576
 
**:**
詩篇第129番
3.

Psalm 129, "Ils m'ont assez opprime"

録音: September 1998, Conservatoire Luxembourg, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/302577
 
**:**
哀しき夕べに
4.

D'un soir triste

録音: September 1998, Conservatoire Luxembourg, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/302578
 
**:**
春の朝に
5.

D'un matin de printemps

録音: September 1998, Conservatoire Luxembourg, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/302579
 
**:**
詩篇第130番
6.

Psalm 130, "Du fond de l'abime"

録音: September 1998, Conservatoire Luxembourg, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/302580
 
**:**
仏教の古い祈り
7.

Vieille priere bouddhique

録音: September 1998, Conservatoire Luxembourg, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/302581
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ららトーク 投稿日:2009/04/16
この世のものと思えないうつくしさを誇るリリー・ブーランジェの作品のなかでも、詩篇第130番は、バッハのマタイ受難曲に匹敵するレベルの深淵を感じます。信仰に生き、死というものを冷静に見つめている者だけが書ける境地です。私はこの作品を実演でぜひとも聴きたい。特にブルックナーの第9交響曲が終わった後で、続けて演奏してもらいたいと思っています。  この作品を24歳の若き女性が書いたというのは本当に驚き。ほとんど奇跡のような作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。