ホーム > アルバム > 1C1195 デュフール:Lucifer d'apres Pollock/川と山を越える旅(ルクセンブルク・フィル/ヴァラード)

デュフール:Lucifer d'apres Pollock/川と山を越える旅(ルクセンブルク・フィル/ヴァラード)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
1C1195
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ユーグ・デュフール Hugues Dufourt
アーティスト
ピエール=アンドレ・ヴァラード Pierre-André Valade , ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団 Luxembourg Philharmonic Orchestra

デュフール:Lucifer d'apres Pollock/川と山を越える旅(ルクセンブルク・フィル/ヴァラード)

DUFOURT, H.: Lucifer d'apres Pollock / Voyage par-dela les fleuves et les monts (Luxembourg Philharmonic, Valade)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/1C1195

全トラック選択/解除

ユーグ・デュフール - Hugues Dufourt (1943-)

**:**
Lucifer d'apres Pollock
1.
録音: April 2012, Luxembourg, Philharmonie
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2546081
 
**:**
川と山を越える旅
2.

Voyage par-dela les fleuves et les monts

録音: April 2012, Luxembourg, Philharmonie
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2546082
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/11/01
フランスを中心とする現代音楽の潮流の一つである「スペクトル楽派」は、音響現象を音波として捉え、その倍音を成分ごとに分解し、解析していくという方法をとるやり方です。この方法を提唱した創成期のメンバーの一人であるユーグ・デュフール(1943-)の音楽はTimpaniレーベルで既に1枚リリースされており、その不可思議で幽玄な響きによってディアパソン・ドールなどの多くの賞を受賞しています。2枚目となるこのアルバムも、絵画作品のようなタイトルを持っていて、これは説明ではなく、音楽の構造を表わす出発点とされています。滞ることのない音の反復は、永遠の時間の流れ、恐怖、カオスなどを表現するための一つのやり方です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。