ホーム > アルバム > 232751 ヘンデル:オラトリオ「メサイア」(ニューヨーク・フィル/バーンスタイン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
232751
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル George Frideric Handel
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament
アーティスト
アデーレ・アディソン Adele Addison , ウィリアム・ヴァキアーノ William Vacchiano , ウェストミンスター合唱団 Westminster Choir , ウィリアム・ウォーフィールド William Warfield , ラッセル・オバーリン Russell Oberlin , ニューヨーク・フィルハーモニック New York Philharmonic Orchestra , レナード・バーンスタイン Leonard Bernstein , デイヴィッド・ロイド David Lloyd

ヘンデル:オラトリオ「メサイア」(ニューヨーク・フィル/バーンスタイン)

HANDEL, G.F.: Messiah [Oratorio] (Westminster Choir, New York Philharmonic, Bernstein)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/232751

全トラック選択/解除

Disc 1

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - George Frideric Handel (1685-1759)

**:**
オラトリオ「メサイア」 HWV 56

Messiah, HWV 56

録音: 1956
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/673270
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Comfort ye my people (Tenor)
2.

-

**:**
»  Part I: Aria: Every valley shall be exalted (Tenor)
3.

-

**:**
»  Part I: And the glory of the Lord shall be revealed (Chorus)
4.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Thus saith the Lord (Bass)
5.

-

**:**
»  Part I: Aria: But who may abide the day of His coming (Bass)
6.

-

**:**
»  Part I: And He shall purify the sons of Levi (Chorus)
7.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Behold, a virgin shall conceive (Alto)
8.

-

**:**
»  Part I: Aria: O thou that tellest good tidings to Zion (Alto)
9.

-

**:**
»  Part I: For unto a child is born (Chorus)
10.

-

**:**
»  Part I: Pifa
11.

-

**:**
»  Part I: Recitative: There were shepherds abiding in the field (Soprano)
12.

-

**:**
»  Part I: Accompagnato: And lo, the angel of the Lord came upon them (Soprano)
13.

-

**:**
»  Part I: Recitative: And the angel said unto them (Soprano)
14.

-

**:**
»  Part I: Accompagnato: And suddenly there was with the angel (Soprano)
15.

-

**:**
»  Part I: Glory to God in the highest (Chorus)
16.

-

**:**
»  Part I: Aria: Rejoice greatly, O daughter of Zion (Soprano)
17.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Then shall the eyes of the blind be opened (Alto)
18.

-

**:**
»  Part I: Aria: He shall feed His flock like a shepherd (Alto, Soprano)
19.

-

**:**
»  Part I: Lift up your heads (Chorus)
20.

-

**:**
»  Part I: Aria: Why do the nations so furiously rage together (Bass)
21.

-

**:**
»  Part I: Let us break their bonds asunder (Chorus)
22.

-

**:**
»  Part I: Recitative: He that dwelleth in heaven shall laugh them to scorn (Tenor)
23.

-

**:**
»  Part I: Aria: Thou shalt break them with a rod of iron (Tenor)
24.

-

**:**
»  Part I: Hallelujah! (Chorus)
25.

-

Disc 2

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - George Frideric Handel (1685-1759)

**:**
オラトリオ「メサイア」 HWV 56

Messiah, HWV 56

録音: 1956
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/673270
**:**
»  Part II: Behold the Lamb of God (Chorus)
1.

-

**:**
»  Part II: Aria: He was despised and rejected of men (Alto)
2.

-

**:**
»  Part II: And with His stripes we are healed (Chorus)
3.

-

**:**
»  Part II: All we like sheep have gone astray (Chorus)
4.

-

**:**
»  Part II: Recitative: All they that see Him Laugh Him to scorn (Tenor)
5.

-

**:**
»  Part II: He trusted in God that He would deliver Him (Chorus)
6.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Thy rebuke hath broken His heart (Tenor)
7.

-

**:**
»  Part II: Arioso: Behold, and see if there be any sorrow like unto His sorrow! (Tenor)
8.

-

**:**
»  Part II: Recitative: He was cut off out of the land of the living (Tenor)
9.

-

**:**
»  Part III: Aria: I know that my Redeemer liveth (Soprano)
10.

-

**:**
»  Part III: Since by man came death (Chorus)
11.

-

**:**
»  Part III: Recitative: Behold, I tell you a mystery (Bass)
12.

-

**:**
»  Part III: Aria: The trumpet shall sound (Bass)
13.

-

**:**
»  Part III: Worthy is the Lamb that was slain (Chorus)
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: kirakuossan 投稿日:2010/10/31
何といってもヘンデルは「メサイア」だろう。 「メサイア」とは「メシア」(救世主)の英語読み。新約聖書から歌詞を取り、イエス・キリストの生涯を題材としたソプラノ、アルト、テナー、そしてバスの独唱曲と重唱曲、合唱曲で構成されている。中でもアルト、ソプラノの独唱部分が素敵だ。秋の夜長、独りで物思いにふけりながら聴いていると心が洗われる。ここでは若きバーンスタインの指揮、ニューヨークフィルハーモニー、1956年の演奏で聴く。音質はなかなか良好。ソプラノは黒人歌手のアデル・アディソン。アルトのラッセル・オーバリンは”男性のアルト歌手”も珍しい。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。