ホーム > アルバム > 290779 ヘンデル:オラトリオ「メサイア」 第1部, 第2部(抜粋)(ニューヨーク・フィル/バーンスタイン)(1956)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
290779
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル George Frideric Handel
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament
アーティスト
アデーレ・アディソン Adele Addison , ウェストミンスター合唱団 Westminster Choir , ウィリアム・ウォーフィールド William Warfield , ラッセル・オバーリン Russell Oberlin , ニューヨーク・フィルハーモニック New York Philharmonic Orchestra , レナード・バーンスタイン Leonard Bernstein , デイヴィッド・ロイド David Lloyd

ヘンデル:オラトリオ「メサイア」 第1部, 第2部(抜粋)(ニューヨーク・フィル/バーンスタイン)(1956)

HANDEL, G.F.: Messiah: Part I-II [Oratorio] (Westminster Choir, New York Philharmonic, Bernstein)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/290779

全トラック選択/解除

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - George Frideric Handel (1685-1759)

**:**
オラトリオ「メサイア」 HWV 56 (抜粋)

Messiah, HWV 56 (excerpts)

録音: 1956
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/553412
**:**
»  Part I: Sinfonia
1.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Comfort ye my people (Tenor)
2.

-

**:**
»  Part I: Aria: Every valley shall be exalted (Tenor)
3.

-

**:**
»  Part I: And the glory of the Lord shall be revealed (Chorus)
4.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Thus saith the Lord (Baritone)
5.

-

**:**
»  Part I: Aria: But who may abide the day of His coming (Baritone)
6.

-

**:**
»  Part I: And He shall purify the sons of Levi (Chorus)
7.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Behold, a virgin shall conceive (Alto)
8.

-

**:**
»  Part I: Aria: O thou that tellest good tidings to Zion (Alto)
9.

-

**:**
»  Part I: For unto a child is born (Chorus)
10.

-

**:**
»  Part I: Pifa
11.

-

**:**
»  Part I: Recitative: There were shepherds abiding in the field (Soprano)
12.

-

**:**
»  Part I: Recitative: And lo, the angel of the Lord came upon them (Soprano)
13.

-

**:**
»  Part I: Recitative: And the angel said unto them (Soprano)
14.

-

**:**
»  Part I: Recitative: And suddenly there was with the angel (Soprano)
15.

-

**:**
»  Part I: Glory to God in the highest (Chorus)
16.

-

**:**
»  Part I: Aria: Rejoice greatly, O daughter of Zion (Soprano)
17.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Then shall the eyes of the blind be opened (Alto)
18.

-

**:**
»  Part I: Aria: He shall feed His flock like a shepherd (Soprano, Alto)
19.

-

**:**
»  Part II: Lift up your heads (Chorus)
20.

-

**:**
»  Part II: Aria: Why do the nations so furiosly rage together (Baritone)
21.

-

**:**
»  Part II: Let us break their bonds asunder (Chorus)
22.

-

**:**
»  Part II: Recitative: He that dwelleth in heaven shall laugh them to scorn (Tenor)
23.

-

**:**
»  Part II: Aria: Thou shalt break them with a rod of iron (Tenor)
24.

-

**:**
»  Part II: Hallelujah! (Chorus)
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: miwaosa 投稿日:2010/11/27
初めて自分で買ったクラシックのアルバムが、バーンスタインの『メサイア』でした。カップリングが『第九』という、直球の年末企画ものでしたが、「ヘンデルって、英語なんだ ! 」とびっくりしたものです。今聴き直してもポップなメロディセンスは絶品です。ピリオド奏法なんて関係ない、現代オーケストラの演奏を、ロイド=ウェーバーのミュージカルを楽しむ感覚でいかが。なにしろ、41歳で帰化して以来亡くなるまでの32年間、彼は「ドイツ人作曲家ヘンデル」ではなく、「イギリス人作曲家ハンデル」だったのですから。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。