ホーム > アルバム > 290937 ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」(ロイヤル・フィル/レッパード)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
290937
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
作詞家
フリードリヒ・フォン・シラー Friedrich von Schiller
アーティスト
アンブロジアン・シンガーズ Ambrosian Singers , キャサリン・ウィン=ロジャース Catherine Wyn-Rogers , ギリアン・ウェブスター Gillian Webster , マーティン・ヒル Martyn Hill , ロバート・ヘイワード Robert Hayward , レイモンド・レッパード Raymond Leppard , ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 Royal Philharmonic Orchestra

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」(ロイヤル・フィル/レッパード)

BEETHOVEN, L. van: Symphony No. 9 (Ludwig van Beethoven, Vol. 6) (Leppard)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/290937

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」 Op. 125

Symphony No. 9 in D Minor, Op. 125, "Choral"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/586404
**:**
»  I. Allegro ma non troppo, un poco maestoso
1.

-

**:**
»  II. Molto vivace
2.

-

**:**
»  III. Adagio molto e cantabile
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Presto - Allegro assai
4.

-

**:**
»  IV. Presto recitativo (O freunde…)
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2012/05/07
師走の俳句の季語になったベートーヴェンの第九が風薫る五月の登場に違和感をおぼえる方もおありかも。その第九がベートーヴェンの立会いのもと、ウィーンのケルントナー・トーア劇場でミヒャエル・ウムラウフの指揮で初演されたのが1824/5/7でした。ちなみにプロのオーケストラによる日本での初演は新交響楽団(現NHK交響楽団の前身)で1927/5/3ですから初夏の「歓喜に寄す」もまた一興かも。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。