ホーム > アルバム > 403571900500 マルタン:二重合唱のためのミサ曲/コダーイ:ミサ・ブレヴィス/プーランク:黒い聖母像への連祷(バイエルン放送合唱団/ダイクストラ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
403571900500
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ゾルターン・コダーイ Zoltán Kodály , フランシス・プーランク Francis Poulenc , フランク・マルタン Frank Martin
作詞家
不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ミカエラ・クナプ Michaela Knab , 合田昌子 Masako Goda , ペーター・ダイクストラ Peter Dijkstra , バイエルン放送合唱団 Bavarian Radio Chorus , バイエルン放送女声合唱団 Bavarian Radio Chorus, female section , マックス・ハント Max Hanft , バルバラ・フレッケンシュタイン Barbara Fleckenstein , アンドリュー・リプリ・マイアー Andrew Lepri Meyer , ヴェルナー・ローレンミュラー Werner Rollenmuller , Sigrid Horvath

マルタン:二重合唱のためのミサ曲/コダーイ:ミサ・ブレヴィス/プーランク:黒い聖母像への連祷(バイエルン放送合唱団/ダイクストラ)

MARTIN, F.: Mass for Double Choir / KODALY, Z.: Missa brevis / POULENC, F.: Litanies a la vierge noire (Bavarian Radio Chorus, Dijkstra)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/403571900500

全トラック選択/解除

フランク・マルタン - Frank Martin (1890-1974)

**:**
二重合唱のためのミサ曲

Mass for Double Choir

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/356163
**:**
»  Kyrie eleison
1.

-

**:**
»  Gloria
2.

-

**:**
»  Credo
3.

-

**:**
»  Sanctus
4.

-

**:**
»  Agnus Dei
5.

-

ゾルターン・コダーイ - Zoltán Kodály (1882-1967)

**:**
ミサ・ブレヴィス

Missa brevis

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/356164
**:**
»  Introitus
6.

-

**:**
»  Kyrie
7.

-

**:**
»  Gloria
8.

-

**:**
»  Credo
9.

-

**:**
»  Sanctus
10.

-

**:**
»  Benedictus
11.

-

**:**
»  Agnus Dei
12.

-

**:**
»  Ite, missa est
13.

-

フランシス・プーランク - Francis Poulenc (1899-1963)

**:**
黒い聖母への連檮
14.

Litanies a la vierge noire

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/356165
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
2005年、これまで15年間バイエルン放送合唱団を率い数々の優れた演奏を残してきたミヒャエル・グレーザーの引退に伴い、天才ボーイ・ソプラノでもあり、当時「広い世界の最も素晴らしい小さな聖歌隊のうちの1つと見なされた。」とまで評価されたヴォーカルアンサンブル「ジェンツ」を率いていたペーター・ダイクストラが、若干26歳で音楽監督に就任し、ファンから喝采を浴びたのは記憶に新しいところです。今回のアルバムは、その記念の年に録音されたもので、かなり意欲的なレパートリーが収められています。(とはいえ同じ年に録音され既にリリースされているアルバム(OEHMS/OC 540)でもデュリュフレ、メシアン、プーランクなどを演奏!)彼の手際のよいアンサンブルのまとめかたには心の底から驚く他ありません。古楽作品でも現代作品でも何でもOK!という柔軟性は、これからのバイエルン放送合唱団の更なる発展を予想させてくれます。
レビュアー: miwaosa 投稿日:2011/07/09
知名度が高いとは言えませんが、1960~70年代に世を去った三人の作曲家による、合唱の圧倒的名曲をカップリングした企画です。まずマルタン。1930年代以降は十二音技法を導入していきますが、この『二重合唱のためのミサ曲』は20年代のもの。次にコダーイ。第二次世界大戦期に作曲された『ミサ・ブレヴィス』。「日常的に執り行われる短めの小ミサ」といったニュアンスでしょうか。後に自らの手で管弦楽版も発表しています。最後にプーランク。『黒い聖母像への連祷』。フランスのロカマドゥールにあるノートルダム礼拝堂の聖母像を指すようです。バイエルン放送合唱団は世界屈指のレベルを誇り、音楽監督ダイクストラの統率力は見事。聴き終わると、思わず溜息が洩れるほどの出来映えです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。