ホーム > アルバム > 555014-2 マイアベーア:歌劇「ディノーラ - プロエルメルのパルドン祭」(チョーフィ/デュピュイ/タルボ/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団&交響楽団/マッツォーラ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
555014-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ジャコモ・マイアベーア Giacomo Meyerbeer
作詞家
ミシェル・カレ Michel Carré , ジュール・バルビエ Jules Barbier
アーティスト
エルベニータ・カチャチ Elbenita Kajtazi , セス・カリコ Seth Carico , フィリップ・タルボ Philippe Talbot , パトリツィア・チョーフィ Patrizia Ciofi , エティエンヌ・デュピュイ Etienne Dupuis , ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団 Berlin Deutsche Opera Chorus , ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団 Berlin Deutsche Opera Orchestra , ギデオン・ポッペ Gideon Poppe , エンリケ・マッツォーラ Enrique Mazzola , Christina Sidak

マイアベーア:歌劇「ディノーラ - プロエルメルのパルドン祭」(チョーフィ/デュピュイ/タルボ/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団&交響楽団/マッツォーラ)

MEYERBEER, G.: Dinorah, "Le pardon de Ploërmel" [Opera] (Ciofi, Dupuis, Talbot, Berlin Deutsche Opera Chorus and Orchestra, Mazzola)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555014-2

全トラック選択/解除

Disc 1

ジャコモ・マイアベーア - Giacomo Meyerbeer (1791-1864)

**:**
歌劇「ディノーラ - プロエルメルのパルドン祭」

Dinorah, "Le pardon de Ploërmel"

録音: 29 September - 1 October 2014, Live recording at Philharmonie Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4712750
**:**
»  Act I: Overture - Salve! Salve! (Chorus)
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Le jour radieux (Villagers)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Bellah! (Dinorah)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Air de cornemuse
4.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Dialogue: Diantre! (Corentin)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Couplets: Dieu nous donne à chacun en partage (Corentin)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Dialogue: Hein? (Corentin)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Duet: Ah! Encore! (Dinorah, Corentin)
8.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Dialogue: Holà! père Alain! (Hoel, Corentin)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Aria: O puissante magie! (Hoel)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 7: Dialogue: C'est moi … (Hoel, Corentin)
11.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Duet: Un tresor! (Corentin, Hoel)
12.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Trio: Ce tintement … (Dinorah, Corentin, Hoel)
13.

-

Disc 2

ジャコモ・マイアベーア - Giacomo Meyerbeer (1791-1864)

**:**
歌劇「ディノーラ - プロエルメルのパルドン祭」

Dinorah, "Le pardon de Ploërmel"

録音: 29 September - 1 October 2014, Live recording at Philharmonie Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4712750
**:**
»  Act II: Entracte
1.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Qu'il est bon (Woodcutters)
2.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Recitative: Me voici! (Dinorah)
3.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Aria: Comme cette nuit est lente à se dissiper! (Dinorah)
4.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Dialogue: Avance donc! (Hoel, Corentin)
5.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Aria: Ah! que j'ai froid! (Corentin)
6.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Dialogue: C'est toi, sonneur? (Corentin, Dinorah)
7.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Sombre destinée! (Dinorah, Corentin)
8.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Dialogue: Le traitre! (Corentin)
9.

-

**:**
»  Act II Scene 7: Stt! (Hoel, Corentin)
10.

-

**:**
»  Act II Scene 7: Dialogue: Mais, je te répète … (Hoel, Corentin, Dinorah)
11.

-

**:**
»  Act II Scene 7: Trio: Est-ce une ombre (Hoel, Corentin, Dinorah)
12.

-

**:**
»  Act III: Entracte
13.

-

**:**
»  Act III Scene 1: En chasse! (Huntsman)
14.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Les bles son bons a faucher (Reaper)
15.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Duet: Sous les genevriers (Goatherds)
16.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Bref, nous retrouvons (Huntsman, Goatherds)
17.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Comment? (Corentin, Hoel)
18.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Dialogue: Pouvait-on prévoir … (Corentin, Hoel)
19.

-

**:**
»  Act III Scene 3: Et maintenant, mélasse! (Hoel, Corentin)
20.

-

**:**
»  Act III Scene 3: Dialogue: Dieu! (Hoel, Dinorah)
21.

-

**:**
»  Act III Scene 3: Un rêve! (Hoel, Dinorah, Corentin, Chorus)
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/03/01
2014年にcpoレーベルからリリースされた歌劇「バスコ・ダ・ガマ」(777828)は2015年のエコー賞を受賞するなど、高い評価を受けました。今回のマイヤベーア(1791-1864)作品は、彼の歌劇中、最も知られる「ディノーラ」です。とは言え、これまでこの歌劇は、ディノーラの狂気の部分が強調された名歌手マリア・カラスの歌唱ばかりで知られているため、他の歌手たちは取り上げにくい作品だったのではないでしょうか。今回、この難役に挑戦したのはイタリア出身のチョーフィ。演技力には定評のある彼女が創り上げる新しいディノーラ像は、狂気だけでなく、コミカルな面も含めた、これまでの固定観念を完全に打ち破るものです。彼女を取り巻く男声たちも絶妙な歌いぶり。またマッツォーラが指揮するベルリン・ドイツ・オペラ管も充実した響きで歌唱に応えています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。