ホーム > アルバム > 555030-2 クルーク:弦楽六重奏曲/ピアノ四重奏曲(リノス・アンサンブル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555030-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アルノルト・クルーク Arnold Krug , アルノルト・クルーク Arnold Krug
アーティスト
リノス・アンサンブル Linos Ensemble

クルーク:弦楽六重奏曲/ピアノ四重奏曲(リノス・アンサンブル)

KRUG, A.: String Sextet / Piano Quartet (Linos Ensemble)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555030-2

全トラック選択/解除

アルノルト・クルーク - Arnold Krug (1849-1904)

**:**
弦楽六重奏曲 Op. 68

String Sextet, Op. 68

録音: 17-20 October 2014, Deutschlandfunk Kammermusiksaal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6471150
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio tranquillo
2.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro
3.

-

 
**:**
ピアノ四重奏曲 Op. 16

Piano Quartet, Op. 16

録音: 17-20 October 2014, Deutschlandfunk Kammermusiksaal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6489304
**:**
»  I. Allegro moderato
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

**:**
»  III. Nächtlicher Ritt: Allegro molto feroce e vivace
6.

-

**:**
»  IV. Carneval: Allegro carnevalesco e molto animato
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/01/01
ハンブルクで生まれ、父親からピアノの手ほどきを受けたというクルーク。1868年からライプツィヒ音楽院に在籍し、カール・ライネッケの指導を受けた後、シュテルン音楽院でエドゥアルト・フランクに師事、そのままピアノ教師として後進の指導にあたり、1881年にはアルノルト・クルーク合唱協会を設立するなど、音楽教師、合唱指揮者として素晴らしい活躍をしました。その傍ら、彼はメンデルスゾーンやブラームスと言ったドイツ伝統の作風を汲む重厚な作品を書きましたが、残念ながらその作品はほとんど知られることはありませんでした。このアルバムに収録されている「弦楽六重奏曲」だけは、ドレスデン音楽院よりアルフレート・シュテルツナー賞を受賞、その時に審査員を務めていたフェリックス・ドレーゼケに絶賛されたという作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。