ホーム > アルバム > 555032-2 M. ハイドン:歌劇「自然の真実」(キーナー/グレーマー/フェレンツ/グラムス/ハルティンガー/ザルツブルク・ホーフムジーク/ブルンナー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555032-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ミヒャエル・ハイドン Michael Haydn
作詞家
Florian Reichssiegel
アーティスト
マクシミリアン・キーナー Maximilian Kiener , ネーレ・グラムス Nele Gramss , アルミン・グレーマー Armin Gramer , ザルツブルク・ホーフムジーク Salzburger Hofmusik , ルチア・ハウスラーデン Lucia Hausladen , ヴァージル・ハルティンガー Virgil Hartinger , リナ・フェレンツ Lina Ferencz , ディアナ・プラッセ Diana Plasse , ヴォルフガング・ブルンナー Wolfgang Brunner , マルクス・ミーゼンベルガー Markus Miesenberger , フェリックス・ミシッツ Felix Mischitz , サーモ・ランピヒラー Samo Lampichler

M. ハイドン:歌劇「自然の真実」(キーナー/グレーマー/フェレンツ/グラムス/ハルティンガー/ザルツブルク・ホーフムジーク/ブルンナー)

HAYDN, M.: Wahrheit der Natur (Die) (The Truth of Nature) [Opera] (Kiener, Gramer, Ferencz, Gramß, Hartinger, Salzburger Hofmusik, Brunner)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555032-2

全トラック選択/解除

ミヒャエル・ハイドン - Michael Haydn (1737-1806)

**:**
歌劇「自然の真実」 MH 118

Die Wahrheit der Natur (The Truth of Nature), MH 118

録音: 2-4 September 2015, Solitär, Mozarteum University Salzburg, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6822941
**:**
»  Sinfonia: Allegro molto
1.

-

**:**
»  Part I: Aria: Ich suche die Natur (Mentor)
2.

-

**:**
»  Part I: Aria: Was ist die Natur? (Natur)
3.

-

**:**
»  Part I: Andante
4.

-

**:**
»  Part II: Aria: Kann etwas Vergnügendes sein - Die Seele wird fröhlich erhebt (Aglaia, Euphrosina)
5.

-

**:**
»  Part II: Fähnium-Marche
6.

-

**:**
»  Part II: Menuet
7.

-

**:**
»  Part II: Aria: A Lauserl beißt's Wanzerl in Kopf (Vollstreich)
8.

-

**:**
»  Part II: Aria: Der Trutzerl war a wackara Hund (Vollstreich)
9.

-

**:**
»  Part II: Aria: Alexander und Philotas (Vollstreich)
10.

-

**:**
»  Part II: Aria: Ich liebe das Essen (Wurmstich)
11.

-

**:**
»  Part II: Menuet
12.

-

**:**
»  Part III: Aria: Orpheus soll in der Mitte mit gespornter Laute sein (Thalia)
13.

-

**:**
»  Part III: Aria: Bei zischenden Schrofen (Euphrosina)
14.

-

**:**
»  Part III: Recitativo: Ein Menschenkopf? - Er schläft (Mentor, Natur)
15.

-

**:**
»  Part III: Aria: Bei schmeichelnden Winden (Natur)
16.

-

**:**
»  Part III: Aria: Fürsten! Euch geht dieses an (Natur)
17.

-

**:**
»  Part III: Aria: Nimm von mir Aglaien hin! - Chorus: Kritiker! Füllet mit Büchern die Schranken (Natur, Mentor, Aglaia, chorus)
18.

-

**:**
»  Part III: Finale: Presto
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/07/01
ヨーゼフ・ハイドンの弟、ミヒャエルのジングシュピール《自然の真実》。初演以来ほぼ2世紀に渡って演奏されることのなかった作品です。この録音は2015年、ザルツブルクで開催された「ハイドン週間」で、ザルツブルク・モーツァルテウム大学とミヒャエル・ハイドン協会の共同制作によって蘇演された舞台を収録したものです。ザルツブルク大学は、もともと戒律の厳しいベネディクト派系列の学校でしたが、学年の終りに学生たちと宮廷楽団によって上演される喜劇は、市民たちにも開放され、普段厳しい生活を送る学生たちも、この時ばかりは羽目を外し、聴衆を沸かせたといいます。ベネディクト会の修道士ライヒスジーゲルはこの上演のために、真の芸術を求める師匠と彼を助ける「自然」、4人の知識たちとの楽しい掛け合いを台本に仕上げ、ミヒャエル・ハイドンは楽しい曲を付けました。言葉遊びもふんだんに使われた凝った作りを持つ秘曲です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。