ホーム > アルバム > 555058-2 ロンバーグ:喜歌劇「学生王子」(ペーターゼン/ヴォルティヒ/ブレーズ/シャーマッハー/ケルン西ドイツ放送合唱団&管弦楽団/マウチェリ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
555058-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
シグマンド・ロンバーグ Sigmund Romberg
作詞家
ドロシー・ドネリー Dorothy Donnelly
アーティスト
ドミニク・ヴォルティヒ Dominik Wortig , ケルン西ドイツ放送合唱団 Cologne West German Radio Chorus , ケルン西ドイツ放送管弦楽団 Cologne West German Radio Orchestra , ヴィンセント・シャーマッハー Vincent Schirrmacher , クリスティアン・シュトゥルム Christian Sturm , フランク・ブレーズ Frank Blees , アンヤ・ペーターゼン Anja Petersen , ジョン・マウチェリ John Mauceri , ジョアン・リバルタ Joan Ribalta , Theresa Nelles , Wieland Satter , Brigitte Schreiner

ロンバーグ:喜歌劇「学生王子」(ペーターゼン/ヴォルティヒ/ブレーズ/シャーマッハー/ケルン西ドイツ放送合唱団&管弦楽団/マウチェリ)

ROMBERG, S.: Student Prince (The) [Operetta] (A. Petersen, Wortig, Blees, V. Schirrmacher, Cologne West German Radio Chorus and Orchestra, Mauceri)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555058-2

全トラック選択/解除

Disc 1

シグマンド・ロンバーグ - Sigmund Romberg (1887-1951)

**:**
喜歌劇「学生王子」

The Student Prince

録音: 18-22 June 2012, Köln, WDR, Klaus-von-Bismarck-Saal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5390486
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Act I: Prologue: By Our Hearing So Sedate (Four male quartet, Four Lackeys)
2.

-

**:**
»  Act I: Golden Days: Down where the Neckar flows swiftly along (Prince, Engel, Chorus)
3.

-

**:**
»  Act I: Garlands Bright - Nicolas' Pipe (Gretchen, Ruder, Girls)
4.

-

**:**
»  Act I: To the Inn we're marching (Detlef, Von Asterberg, Lucas, Boys)
5.

-

**:**
»  Act I: Drinking Song: Where is the maid - Come, boys, let's all be gay (Kathie, Detlef, Van Asterberg, Lucas, Boys)
6.

-

**:**
»  Act I: Drinking Song - To the Inn we're marching (Detlef, Von Asterberg, Lucas, Boys)
7.

-

**:**
»  Act I: Heidelberg, beloved vision (Engel, Prince Karl, Ruder, Kathie, Lutz, Gretchen, 3 Girls)
8.

-

**:**
»  Act I: Gaudeamus igitur - Golden Days (Boys, Engel)
9.

-

**:**
»  Act I: Deep in My Heart Dear (Kathie, Prince)
10.

-

**:**
»  Act I: Finale: Come, Sir, will you join our noble saxon corps? (Prince Karl, Kathie, Engel, Detlef, Von Asterberg, Lucas, Boys)
11.

-

**:**
»  Act I: Serenade: Overhead the moon is beaming (Prince Karl, Detlef, Von Asterberg, Lucas, Boys)
12.

-

**:**
»  Act I: Waltz: Gaudeamus igitur - Hail youth and love (Detlef, Prince Karl, Engel, Kathie, Gretchen, Ruder, Chorus)
13.

-

**:**
»  Act I: Come Boys, Let's All Be Gay, Boys
14.

-

Disc 2

シグマンド・ロンバーグ - Sigmund Romberg (1887-1951)

**:**
喜歌劇「学生王子」

The Student Prince

録音: 18-22 June 2012, Köln, WDR, Klaus-von-Bismarck-Saal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5390486
**:**
»  Act II: Introdution
1.

-

**:**
»  Act II: Farmer Jacob lay asnoring in his feather bed (Boys)
2.

-

**:**
»  Act II: Student Life (Kathie, Gretchen, Prince, Detlef, Von Asterberg, Lucas, Engel)
3.

-

**:**
»  Act II: Incidental Music - Flute Solo
4.

-

**:**
»  Act II: Finale: To the inn we're marching (All)
5.

-

**:**
»  Act III: Opening and Ballet: Incidental Music
6.

-

**:**
»  Act III: Just we two (Princess, Tarnitz, Men)
7.

-

**:**
»  Act III: The Flag that flies above us (Chorus)
8.

-

**:**
»  Act III: Gavotte
9.

-

**:**
»  Act III: Finale (Prince, Engel, Detlef, Von Asterberg, Lucas, Kathie, Boys)
10.

-

**:**
»  Act III: Serenade Intermezzo
11.

-

**:**
»  Act IV: Opening chorus: Let Us Sing a Song (Chorus)
12.

-

**:**
»  Act IV: Incidental Music
13.

-

**:**
»  Act IV: Finale: To the Inn we're marching - Incidental Music (Prince, Detlef, Von Asterberg, Lucas, Students, Kathie, All, Chorus)
14.

-

**:**
»  Act IV: Deep in my heart - Out March (Kathie, Prince Karl, All)
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/11/01
家庭教師の博士とともにハイデルベルクにやってきたドイツ、ザクセン地方の架空の国の王子カール・ハインリッヒ。彼は身分を隠して学生生活を送っているうちに、居酒屋で働くケーティと親しくなります。初のデートの約束をしたその日、ハインリッヒは火急の用で国に帰ることになりました。その後、彼は大公になり結婚が決まるのですが、突然訪ねてきた友人の話を訊き、懐かしい居酒屋とケーティの元を訪れるのですが…。ロンバーグがこの《学生王子》を書く際に、元にしたのがドイツの作家マイヤー=フェルスターの「アルト・ハイデルベルク」です。青春時代の鮮烈な思い出と、身分違いの恋を描いたこの甘酸っぱい物語は、数々の映画の原作に用いられたり、宝塚歌劇場で上演されたりと、現代でも変わらない人気を誇っています。映画音楽も得意とするマウチェリが、至るところに散りばめられた甘い旋律を魅惑的に聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。