ホーム > アルバム > 555083-2 テレマン:カンタータ集 - TWV 1:66, 1:816, 1:929, TWV 1:1326 (ゲッツ/デ・カート/ガニェ/メヘレン/ハイアリック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555083-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル, 合唱曲(宗教曲)
作曲家
ゲオルク・フィリップ・テレマン Georg Philipp Telemann
作詞家
エルトマン・ノイマイスター Erdmann Neumeister
アーティスト
エクス・テンポーレ Ex Tempore , フィリップ・ガーニェ Philippe Gagné , ザビーネ・ゲッツ Sabine Goetz , マルニクス・デ・カート Marnix De Cat , フロリアン・ハイアリック Florian Heyerick , ウェルナー・ファン・メヘレン Werner Van Mechelen , マンハイム・ホーフカペレ Mannheimer Hofkapelle , Fruzsina Hara

テレマン:カンタータ集 - TWV 1:66, 1:816, 1:929, TWV 1:1326 (ゲッツ/デ・カート/ガニェ/メヘレン/ハイアリック)

TELEMANN, G.P.: Cantatas - TWV 1:66 / 1:816 / 1:929 / TWV 1:1326 (Goetz, De Cat, Gagné, Van Mechelen, Heyerick)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555083-2

全トラック選択/解除

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
すべての瞳があなたを待つ TWV 1:66

Aller Augen warten, TWV 1:66

録音: 18–19 March 2016, Konzerthalle Georg Philipp Telemann, Magdeburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6565207
**:**
»  Dictum: Aller Augen warten auf dich (Chorus)
1.

-

**:**
»  Aria: Gottes Güte speist und tränket (Soprano)
2.

-

**:**
»  Recitative: Wohl denen, die auf ihn vertrauen (Tenor)
3.

-

**:**
»  Aria: Lobet den Herrn (Bass)
4.

-

**:**
»  Recitative: Wohlan, betrübter Sinn (Alto)
5.

-

**:**
»  Chorale: Ich dank dir Christe Gottes Sohn (Chorus)
6.

-

 
**:**
キリストは割礼も無割礼も適用されない TWV 1:929

In Christo gilt weder Beschneidung, TWV 1:929

録音: 18–19 March 2016, Konzerthalle Georg Philipp Telemann, Magdeburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6577682
**:**
»  Dictum: In Christo gilt weder Beschneidung noch Vorhaut (Chorus)
7.

-

**:**
»  Aria: Glauben und Liebe gehören zusammen (Alto)
8.

-

**:**
»  Recitative: Der Glaube macht, die Liebe zeigt die Christen (Bass)
9.

-

**:**
»  Aria: Gott ist selber lauter Liebe (Soprano)
10.

-

**:**
»  Chorale: Willt du nun fein Christe sein (Chorus)
11.

-

 
**:**
私は最初であり、最後である TWV 1:816

Ich bin der erste, TWV 1:816

録音: 18–19 March 2016, Konzerthalle Georg Philipp Telemann, Magdeburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6577683
**:**
»  Introduction
12.

-

**:**
»  Dictum: Ich bin der Erste und der Letzte (Bass)
13.

-

**:**
»  Aria: Auf lasst uns jauchzen (Chorus)
14.

-

**:**
»  Recitative: O wahres Freudenfest (Bass)
15.

-

**:**
»  Aria: Wäre Christus nicht erstanden (Alto)
16.

-

**:**
»  Recitative: Auf solchen Glauben schlaf ich ein (Tenor)
17.

-

**:**
»  Aria: Meines Jesu Leben macht (Soprano)
18.

-

**:**
»  Chorale: Weil du vom Tod erstanden bist (Chorus)
19.

-

 
**:**
見てください、処女は懐妊している TWV 1:1326

Siehe, eine Jungfrau ist schwanger, TWV 1:1326

録音: 18–19 March 2016, Konzerthalle Georg Philipp Telemann, Magdeburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6577684
**:**
»  Dictum: Siehe, eine Jungfrau ist schwanger (Chorus)
20.

-

**:**
»  Recitative: Immanuel! O teuer-werter Name (Bass)
21.

-

**:**
»  Aria: O wisst ihr nicht, ihr Menschenkinder (Soprano, Alto)
22.

-

**:**
»  Recitative: Bin ich ein Mensch, ein eitler Staub und Erde? (Tenor)
23.

-

**:**
»  Aria: Immanuel, mein ander Ich (Soprano)
24.

-

**:**
»  Chorale: Du König der Ehren Jesu Christ (Chorus)
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2017/12/01
1700年代初頭のテレマンは、ポーランド領のジャルイで宮廷楽長を務め、伯爵が好んだフランス風の作品を書くためにリュリやカンプラの楽譜を研究。フランス風管弦楽組曲を2年間に200曲も作曲したという記録があります。しかし、その後のアイゼナハでは作風をがらりと変え、当時全盛だった「イタリア風」の様式で作品を書きました。このカンタータもイタリア様式で書かれており、楽器と声が存分に競い合う華麗な作風を見せています。1716年から1717年にかけてテレマンは、アドベントから聖霊降臨祭までの音楽を書きましたが、このアルバムにはその中の4曲が収録されています。このアルバムは2016年のテレマン音楽祭のハイライトの一つで、多くの聴衆から注目を浴びた公演のライブです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。