ホーム > アルバム > 555089-2 ノヴォヴィエジスキ:オラトリオ「クオ・ヴァディス」(ポーランド語歌唱)(チョドヴィチ/ポドラシェ歌劇場フィルハーモニー合唱団/ポズナ二・フィル/ボロヴィチ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
555089-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
フェリクス・ノヴォヴィエジスキ Feliks Nowowiejski
作詞家
Antonie Jüngst
アーティスト
スワヴォミール・カミンスキ Sławomir Kamiński , ヴォチェク・ギールラッハ Wojciech Gierlach , ローベルト・ギールラッハ Robert Gierlach , ヴィオレッタ・チョドヴィチ Wioletta Chodowicz , ポズナ二・フィルハーモニー管弦楽団 Poznan Philharmonic Orchestra , ポドラシェ歌劇場フィルハーモニー合唱団 Podlasie Opera and Philharmonic Choir , ウカシュ・ボロヴィチ Łukasz Borowicz

ノヴォヴィエジスキ:オラトリオ「クオ・ヴァディス」(ポーランド語歌唱)(チョドヴィチ/ポドラシェ歌劇場フィルハーモニー合唱団/ポズナ二・フィル/ボロヴィチ)

NOWOWIEJSKI, F.: Quo vadis [Oratorio] (Sung in Polish) (Chodowicz, Podlasie Opera and Philharmonic Choir, Poznan Philharmonic, Borowicz)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555089-2

全トラック選択/解除

Disc 1

フェリクス・ノヴォヴィエジスキ - Feliks Nowowiejski (1877-1946)

**:**
オラトリオ「クオ・ヴァディス」 Op. 30 (ポーランド語歌唱)

Quo vadis, Op. 30 (Sung in Polish)

録音: 29 June 2016, Adam Mickiewicz University in Poznań, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5941269
**:**
»  Scene 1: Introduction: Maestoso dramatico (Chorus)
1.

-

**:**
»  Scene 1: Jowiszow grom (The ire of gods, ray of vengeance) (Chorus)
2.

-

**:**
»  Scene 1: Szesc dni nie wschodzi slonce nam (Six days have seen no blush of dawn) (Chorus)
3.

-

**:**
»  Scene 1: Na szczycie gmachu (We saw the emperor up high) (Chorus)
4.

-

**:**
»  Scene 1: Kto?… Kto to rozpetal (Tell! Who hath enkindled wrath) (Chorus)
5.

-

**:**
»  Scene 2: Marsz pretorianow (March of the Praetorians)
6.

-

**:**
»  Scene 2: Pozdrowienie sle boski Neron (Hail, all hail, to you, from divine Nero!) (Bass)
7.

-

**:**
»  Scene 2: Christianos ad leones! (Chorus)
8.

-

**:**
»  Scene 3: O bracia, niechaj bedzie pochwalony Pan (Come, brothers, let us praise the Lord) (Baritone, Chorus)
9.

-

**:**
»  Scene 3: Tyrani groza (The tyrants threaten) (Baritone)
10.

-

**:**
»  Scene 3: Mysmy gotowi w imieniu Pana (We are prepared, in the name of Jesus (Soprano)
11.

-

**:**
»  Scene 3: Az po dzien ostatni zycia (I the Shepherd, you, my flock here) (Baritone)
12.

-

**:**
»  Scene 3: O Panie, nasz swiety przewodniku (Thou, Lord, a victim of Rome's tyrant) (Soprano)
13.

-

**:**
»  Scene 3: Czyz Pan przez wasze mowi usta (Me thinks that God thro' you hath spoken!) (Baritone)
14.

-

**:**
»  Scene 3: Niech Pan strzeze Cie (The Lord be with thee and protect thee) (Chorus)
15.

-

Disc 2

フェリクス・ノヴォヴィエジスキ - Feliks Nowowiejski (1877-1946)

**:**
オラトリオ「クオ・ヴァディス」 Op. 30 (ポーランド語歌唱)

Quo vadis, Op. 30 (Sung in Polish)

録音: 29 June 2016, Adam Mickiewicz University in Poznań, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5941269
**:**
»  Scene 4: Andante sostenuto
1.

-

**:**
»  Scene 4: Jak ciemna noc (Deep, deep dark night) (Baritone)
2.

-

**:**
»  Scene 4: Quo vadis, Domine? (Baritone)
3.

-

**:**
»  Scene 4: O Panie, oto w prochu leze ja (O Lord, look down on me, reduced to dust) (Baritone)
4.

-

**:**
»  Scene 4: A wiec do Rzymu (I'll go to Rome!) (Baritone)
5.

-

**:**
»  Scene 5: Czesi Ci, Czesc Ci, potezny czesc (Glory, glory and praise be thine!) (Chorus)
6.

-

**:**
»  Scene 5: Doppelfuge: Gloria Tibi Sancte Petrus (Praise and glory and thanks be unto you, the anointed) (Chorus)
7.

-

**:**
»  Scene 5: Gloria Patri et Filio et Spiritui Sancto (Glory be to the Father, and to the Son) (Chorus)
8.

-

**:**
»  Scene 5: Amen (Chorus)
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/05/01
ポーランドのノーベル賞受賞作家ヘンリク・シェンキェヴィチ(1846-1916)の「クオ・ヴァディス」。暴君ネロによる迫害を逃れるキリスト教徒たち。それに紛れてローマを離れることにした聖ペトロ。彼が夜明けの光の中で見たイエス・キリストに向かって問うた言葉「主よ、あなたはどこへ?Quo vadis, Domine?」がこの物語のタイトルです。同じくポーランドの作曲家ノヴォヴィエジスキによる同名のオラトリオは、小説の世界を忠実に再現するとともに、作曲家自身の思想、価値観も付け加えた壮大な作品。1903年に初演され、その後30年間に渡ってアメリカとヨーロッパ全域で200回以上も上演された実績を持ちますが、時の流れとともに忘れ去られてしまいました。ポーランドが誇るポズナニ・フィルハーモニーによって行われた復活蘇演は作品の価値をもう一度知らしめるものです。         

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。