ホーム > アルバム > 555133-2 ロルツィング:歌劇「提督」(フリッチュ/ダメス/ワーグナー/ベルヒトルト/ミッチー/バイエルン放送合唱団/ミュンヘン放送管/シルマー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555133-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
アルベルト・ロルツィング Albert Lortzing
作詞家
アルベルト・ロルツィング Albert Lortzing
アーティスト
マティアス・エットマイアー Matthias Ettmayr , ウルフ・シルマー Ulf Schirmer , ラヴィニア・ダメス Lavinia Dames , バイエルン放送合唱団 Bavarian Radio Chorus , アンドレアス・ヒルトライター Andreas Hirtreiter , マルティン・ブラジウス Martin Blasius , アネット・フリッチュ Anett Fritsch , ベルンハルト・ベルヒトルト Bernhard Berchtold , ジョナサン・ミッチー Jonathan Michie , ミュンヘン放送管弦楽団 Munich Radio Orchestra , ユリア・ゾフィー・ワーグナー Julia Sophie Wagner

ロルツィング:歌劇「提督」(フリッチュ/ダメス/ワーグナー/ベルヒトルト/ミッチー/バイエルン放送合唱団/ミュンヘン放送管/シルマー)

LORTZING, A.: Zum Grossadmiral [Opera] (Fritsch, Dames, J.S. Wagner, Berchtold, Michie, Bavarian Radio Chorus, Munich Radio Orchestra, U. Schirmer)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555133-2

全トラック選択/解除

Disc 1

アルベルト・ロルツィング - Albert Lortzing (1801-1851)

**:**
歌劇「提督」

Zum Grossadmiral

録音: 15-17 November 2019, Prinzregententheater München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9331092
**:**
»  Overtüre: Vivace assai
1.

-

**:**
»  Act I: Introduction: Lasset Jubel laut ertönen (Catharina, Zeremonienmeister, Chorus)
2.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: O William! (Catharina, Zeremonienmeister)
3.

-

**:**
»  Act I: Duet: Des Landes Stolz (Catharina, Richard)
4.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: Ich fürchte, ich habe (Catharina, Eduard)
5.

-

**:**
»  Act I: Lied: Ein Engel ist an Geist und Zügen (Eduard)
6.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: Zum Groß-Admiral? (Richard, Eduard)
7.

-

**:**
»  Act I: Chor und Arie: Der Hörner Ruf verhallet (Heinrich, Chorus)
8.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: Ah, Graf Rochester (Heinrich, Eduard)
9.

-

**:**
»  Act I: Finale: I Auch ich, ich will sie sehen (Heinrich, Richard, Eduard, Catharina, Chor)
10.

-

**:**
»  Act II: Chor und Arie: Wirt, lasst uns die Gläser füllen (Copp Movbrai, Chorus)
11.

-

**:**
»  Act II: Dialogue: Gratuliere (Copp Movbrai, Snakefield, Heinrich, Eduard)
12.

-

**:**
»  Act II: Barcarole: Was glänzt im Sonnenstrahle (Heinrich, Chorus)
13.

-

**:**
»  Act II: Dialogue: Ein schmuckes Lied (Copp Movbrai, Snakefield, Heinrich, Richard)
14.

-

Disc 2

アルベルト・ロルツィング - Albert Lortzing (1801-1851)

**:**
歌劇「提督」

Zum Grossadmiral

録音: 15-17 November 2019, Prinzregententheater München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9331092
**:**
»  Act II: Dialogue: Endlich wird es hier ruhig (Betty)
1.

-

**:**
»  Act II: Lied: Seh‘ ich ein Auge auf mich (Betty)
2.

-

**:**
»  Act II: Dialogue: Ah, Ihr seid es (Betty, Eduard)
3.

-

**:**
»  Act II: Duet: Am murmelnden Bach (Betty, Eduard)
4.

-

**:**
»  Act II: Dialogue: Ah, Guido ist da (Copp Movbrai, Eduard, Richard, Betty)
5.

-

**:**
»  Act II: Quartett: Ha, welch allerliebste Kleine (Betty, Heinrich, Eduard, Richard)
6.

-

**:**
»  Act II: Dialogue: Potz Steuer und Kompass! (Copp Movbrai, Betty, Eduard, Richard, Heinrich)
7.

-

**:**
»  Act II: Finale: Das ist doch sonderbar (Heinrich, Copp Movbrai, Betty, Eduard, Richard, Chorus)
8.

-

**:**
»  Act III: Rezitativ und Arie: Von allen Seiten tönet lauter Jubel (Richard)
9.

-

**:**
»  Act III: Dialogue: Herr Graf! (Eduard, Richard, Zeremonienmeister)
10.

-

**:**
»  Act III: Arie: Fern vom Treiben (Eduard)
11.

-

**:**
»  Act III: Dialogue: Oh, welch prächtige Zimmer (Betty, Copp Movbrai)
12.

-

**:**
»  Act III: Terzett: Ach! (Betty, Eduard, Copp Movbrai)
13.

-

**:**
»  Act III: Dialogue: Potz Schott und Wanten! (Copp Movbrai, Betty, Etttmayr)
14.

-

**:**
»  Act III: Kavatine: Ich fühl‘s, mein unbeständig‘ Leben (Heinrich)
15.

-

**:**
»  Act III: Finale: Er naht! (Heinrich, Richard, Catharina, Betty, Copp Movbrai, Eduard, Chorus)
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/06/01
イングランドの王位継承者ハインリヒは執務に飽き飽きしており、今日も「提督に行く」といって誕生パーティから逃げ出しました。もちろん「提督」というのは酒場の名前ですが、彼の妻カテリーナはすべてお見通しです。そして「提督」でさんざん飲み食いしたハインリヒは財布を忘れたことに気が付き、自身の指輪を店主に渡しますが…2011年に録音された歌劇《レジーナ》(777710)に続く、ロルツィングの珍しい歌劇の登場です。《ロシア皇帝と船大工》、もしくは《ウンディーネ》で知られるドイツの作曲家ロルツィングは、生前絶大なる人気を誇り、その作品はワーグナーにも影響を与えるほど高く評価されるだけではなく、脚本家、俳優、歌手、指揮者としても広く知られていました。この《提督》は彼の10作目の歌劇であり、台本も作曲家自身の手によるものです。1847年ウィーンで作曲され、同年ライプツィヒで初演されたこの作品は《ロジーナ》と同じように政治、労働者を主題とする当時の社会を深く見据えた問題作ですが、、残念なことにしばらくして舞台から姿を消し、やがて完全に忘れ去られてしまいました。作品にはロルツィングが崇拝していたモーツァルトの影響がところどころに現れており、とりわけソロや合唱の場面では、超絶技巧が用いられた妙技を聴くことができます。モーツァルト作品を得意とするアネット・フリッチュら、魅力的な歌手を揃えた上演です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。