ホーム > アルバム > 555144-2 シュペルガー/J. シュターミッツ/オットー:トランペット協奏曲集(コヴァーチ/アルパ・フェスタンテ/フォスカイレン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555144-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ヨハン・オットー Johann Otto , ヨハン・シュターミッツ Johann Stamitz , ヨハネス・マティアス・シュペルガー Johannes Matthias Sperger , ヨハン・ゲオルク・ラング Johann Georg Lang , ヨーゼフ・リーペル Joseph Riepel
アーティスト
アルパ・フェスタンテ Arpa festante, L' , クリスティアン・コヴァーチ Krisztián Kováts , リーン・フォスカイレン Rien Voskuilen , クリストフ・ヘッセ Christoph Hesse

シュペルガー/J. シュターミッツ/オットー:トランペット協奏曲集(コヴァーチ/アルパ・フェスタンテ/フォスカイレン)

Trumpet Concertos - SPERGER, J.M. / STAMITZ, J. / OTTO, J. (The Mystery of the Natural Trumpet) (Kováts, L'arpa festante, Hesse, Voskuilen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555144-2

全トラック選択/解除

ヨハン・シュターミッツ - Johann Stamitz (1717-1757)

**:**
トランペット協奏曲 ニ長調

Trumpet Concerto in D Major

録音: 10-12 January and 6-7 February 2017, Konzerthaus Blaibach
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7944501
**:**
»  I. Allegro non troppo presto
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto
3.

-

ヨハネス・マティアス・シュペルガー - Johannes Matthias Sperger (1750-1812)

**:**
トランペット協奏曲第1番 ニ長調

Trumpet Concerto No. 1 in D Major

録音: 10-12 January and 6-7 February 2017, Konzerthaus Blaibach
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7944502
**:**
»  I. Poco Adagio
4.

-

**:**
»  II. Tempo di Menuetto
5.

-

ヨーゼフ・リーペル - Joseph Riepel (1709-1782)

**:**
Sinfonia pro Processione Solemni in C Major, RWV 1
6.
録音: 10-12 January and 6-7 February 2017, Konzerthaus Blaibach
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7944503

ヨハン・ゲオルク・ラング - Johann Georg Lang (1722-1798)

**:**
トランペット協奏曲 ニ長調

Trumpet Concerto in D Major

録音: 10-12 January and 6-7 February 2017, Konzerthaus Blaibach
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7944504
**:**
»  I. Allegro
7.

-

**:**
»  II. Adagio
8.

-

**:**
»  III. Allegro
9.

-

ヨハネス・マティアス・シュペルガー - Johannes Matthias Sperger (1750-1812)

**:**
トランペット協奏曲 ニ長調

Trumpet Concerto No. 2 in D major

録音: 10-12 January and 6-7 February 2017, Konzerthaus Blaibach
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7944505
**:**
»  I. Moderato
10.

-

**:**
»  II. Rondo: Allegro moderato
11.

-

ヨハン・オットー - Johann Otto

**:**
トランペット協奏曲 変ホ長調

Trumpet Concerto in E-Flat Major

録音: 10-12 January and 6-7 February 2017, Konzerthaus Blaibach
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7944506
**:**
»  I. Allegro moderato
12.

-

**:**
»  II. Adagio
13.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegretto grazioso
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
現在のようなバルブ機構が付いたトランペットが出現したのは、およそ1815年頃。それまでは、円筒形の直管にベル(朝顔)が付いただけのシンプルな楽器=ナチュラル・トランペットでした。もちろん楽器として様々な改良が加えられていましたが、基本的に奏でることができるのは倍音のみで正確な音階を奏でることは難しく、主に軍楽隊のファンファーレに用いられていました。バロック期になってようやく簡単なメロディが演奏できる楽器も現れはじめ、このアルバムに収録されている作品はどれも、その頃のナチュラル・トランペットのために書かれたもの。ニ長調という調性が多いのは、一番楽器の特性が活かしやすいという理由によります。このアルバムの演奏者は1976年、ハンガリー生まれのトランペット奏者クリスティアン・コヴァーツ。フランツ・リスト音楽院でトランペットと教会音楽を学び、スコラ・カントルム・バシリエンシスでツィンク(音孔を持つコルネット)の奏法を学び、修士号を取得した古楽トランペット奏法のプロフェッショナルです。彼はクラリオンと呼ばれる巻管の長いバロック・トランペットを用い、卓越した技術による滑らかな旋律を奏で、オーケストラと雄弁な対話を聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。