ホーム > アルバム > 555170-2 グラウプナー:受難カンタータ集 2 (エクス・テンポーレ/マンハイム・ホーフカペレ/ハイアリック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555170-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル
作曲家
クリストフ・グラウプナー Christoph Graupner
作詞家
Johann Conrad Lichtenberg
アーティスト
ドミニク・ヴェルナー Dominik Wörner , エクス・テンポーレ Ex Tempore , マルニクス・デ・カート Marnix de Cat , アンネリース・ファン・グランベーレン Annelies van Gramberen , フロリアン・ハイアリック Florian Heyerick , ヤナ・ピータース Jana Pieters , ローター・ブルム Lothar Blum , マンハイム・ホーフカペレ Mannheimer Hofkapelle

グラウプナー:受難カンタータ集 2 (エクス・テンポーレ/マンハイム・ホーフカペレ/ハイアリック)

GRAUPNER, C.: Passion Cantatas, Vol. 2 (Ex Tempore, Mannheimer Hofkapelle, Heyerick)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555170-2

全トラック選択/解除

クリストフ・グラウプナー - Christoph Graupner (1683-1760)

**:**
友よ、何故あなたは来たのか? GWV 1122/41

Freund, warum bist Du kommen?, GWV 1122/41

録音: 16 March 2017, Live recording, Miry Concertzaal, Gent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6550782
**:**
»  Dictum: Freund, warum bist Du kommen? (Bass, Tenor)
1.

-

**:**
»  Accompanied Recitative: Ach Jesu, wie so wehe (Soprano)
2.

-

**:**
»  Aria: Aller Jammer, alle Plagen (Soprano)
3.

-

**:**
»  Recitative: Ihr, die ihr euch nach Christo nennt (Bass)
4.

-

**:**
»  Aria: Der Herr ist treu (Bass)
5.

-

**:**
»  Accompanied Recitative: Ihr Freunde Jesu, wacht (Alto)
6.

-

**:**
»  Chorale: Herr, lass Dein bitter Leiden (Chorus)
7.

-

 
**:**
Nun ist alles wohl gemacht, GWV 1127/41

録音: 16 March 2017, Live recording, Miry Concertzaal, Gent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6550783
**:**
»  Chorale: Nun ist es alles wohl gemacht
8.

-

**:**
»  Accompanied Recitative: Die Heiland stirbt! (Soprano)
9.

-

**:**
»  Aria: Weine über Jesus Schmerzen (Soprano)
10.

-

**:**
»  Accompanied Recitative: Wahr ist's! (Bass)
11.

-

**:**
»  Chorus - Dictum: Da Er ist vollendet
12.

-

**:**
»  Aria: Alles ist vollendet! (Bass)
13.

-

**:**
»  Accompanied Recitative: Entblaßter Held, der auch im Tod gesiegt (Tenor)
14.

-

**:**
»  Chorale: So laßt uns Ihm nun dankbar sein
15.

-

 
**:**
Gedenke Herr an die Schmach, GWV 1170/41

録音: 16 March 2017, Live recording, Miry Concertzaal, Gent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6550784
**:**
»  Chorale: Gedenke, Herr, an die Schmach Deiner Knechte
16.

-

**:**
»  Accompanied Recitative: Die Heiland Wen jammert's nicht (Soprano)
17.

-

**:**
»  Aria: Jesus trägt verweg'ner Rotten (Soprano ,Alto)
18.

-

**:**
»  Accompanied Recitative: Kommt, Seelen, kommt herbei! (Bass)
19.

-

**:**
»  Aria: Ach, alle Welt will Jesu spotten (Bass)
20.

-

**:**
»  Accompanied Recitative: Ein Heide denkt
21.

-

**:**
»  Chorale: Man hat Dich sehr hart verhöhnet
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/02/01
ドイツ後期バロック時代の作曲家グラウプナーによる受難カンタータ集の第2集。第1集(555071)と同じくエクス・テンポーレのメンバーとマンハイム・ホーフカペレ、ハイアリックの指揮による洗練された演奏です。18世紀初頭の北ドイツで最も人気あるオペラ作曲家の一人であったグラプナーは、声楽の使い方に熟知しており、これらのカンタータでも、キャッチーなメロディによる歌手たちの歌の見せ所が存分に用意されているとともに、バックを務めるオーケストラの楽器も歌と競うように、見事なアンサンブルを聴かせます。時には弦楽器のみのアンサンブルもあり、多彩な響きは聴き手を魅了します。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。