ホーム > アルバム > 555175-2 ロンベルク:交響曲第4番「トルコ風」/モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番(シュレーダー/コレギウム・ムジクム・バーゼル/グリフィス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555175-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart , アンドレアス・ヤコプ・ロンベルク Andreas Jakob Romberg
アーティスト
ケヴィン・グリフィス Kevin Griffiths , コレギウム・ムジクム・バーゼル Collegium Musicum Basel , ユリア・シュレーダー Julia Schröder

ロンベルク:交響曲第4番「トルコ風」/モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番(シュレーダー/コレギウム・ムジクム・バーゼル/グリフィス)

ROMBERG, A.J.: Symphony No. 4, "Alla turca" / MOZART, W.A.: Violin Concerto No. 5 (J. Schröder, Collegium Musicum Basel, K. Griffiths)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555175-2

全トラック選択/解除

アンドレアス・ヤコプ・ロンベルク - Andreas Jakob Romberg (1767-1821)

**:**
交響曲第4番 ハ長調 「トルコ風」 Op. 51

Symphony No. 4 in C Major, Op. 51, "Alla turca"

録音: 22-24 January 2017, Casino Basel
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6584825
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Menuetto: Vivace
2.

-

**:**
»  III. Andante quasi Allegretto
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Vivace
4.

-

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 「トルコ風」 K. 219

Violin Concerto No. 5 in A Major, K. 219, "Turkish"

録音: 22-24 January 2017, Casino Basel
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6584826
**:**
»  I. Allegro aperto - Adagio - Allegro aperto
5.

-

**:**
»  II. Adagio
6.

-

**:**
»  III. Tempo di menuetto
7.

-

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
歌劇「突然の出会い」 Hob.Ia:6 - 序曲
8.

L'incontro improvviso: Overture, Hob.Ia:6

録音: 22-24 January 2017, Casino Basel
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6584827
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/03/01
16世紀から18世紀にかけて西ヨーロッパでは“テュルクリ”と呼ばれるトルコ趣味が街を席捲しました。当時の超大国オスマン帝国への恐れと憧れから発生したこの流行は音楽にも影響を及ぼし、オスマン帝国の軍楽隊の音楽を模した「トルコ行進曲」やトルコを題材にした歌劇など、数多くの異国情緒溢れる作品が生まれました。このアルバムには3曲のトルコ風の作品が収録されています。メインとなるのはドイツの作曲家ロンベルクの作品で、この「トルコ」と題された交響曲第4番には、まるでリムスキー=コルサコフの「シェエラザード」を思わせるかのようなアラビアの色が濃厚に表れた聴きどころの多い曲です。他にはモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番(終楽章にトルコ風のメロディがある)と、やはりトルコ風のハイドンの歌劇《突然の出会い》を収録。モーツァルトでは若手ヴァイオリニストのシュレーダーが活躍する、全体に楽しさが漲る1枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。