ホーム > アルバム > 555176-2 ファッシュ:ミサ曲 ト長調/私は心を尽くして主に感謝す(ヴィンター/エーラー/フィーヴェク/ライニッシェ・カントライ/マックス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555176-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヨハン・フリードリヒ・ファッシュ Johann Friedrich Fasch
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , 不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ヴェロニカ・ヴィンター Veronika Winter , ダヴィド・エーラー David Erler , ダス・クライネ・コンツェルト Kleine Konzert, Das , マティアス・フィーヴェク Matthias Vieweg , トビアス・フンガー Tobias Hunger , ヘルマン・マックス Hermann Max , ライニッシェ・カントライ Rheinische Kantorei

ファッシュ:ミサ曲 ト長調/私は心を尽くして主に感謝す(ヴィンター/エーラー/フィーヴェク/ライニッシェ・カントライ/マックス)

FASCH, J.F.: Mass in G Major / Ich danke dem Herrn von ganzem Herzen (V. Winter, Erler, Vieweg, Rheinische Kantorei, H. Max)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555176-2

全トラック選択/解除

ヨハン・フリードリヒ・ファッシュ - Johann Friedrich Fasch (1688-1758)

**:**
ミサ曲 ト長調

Mass in G Major

録音: 21-22 April 2017, Kirche St. Trinitatis, Zerbst, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6858711
**:**
»  Kyrie: Kyrie eleison (Tutti)
1.

-

**:**
»  Kyrie: Christe eleison (Soprano, Alto)
2.

-

**:**
»  Kyrie: Kyrie eleison (Tutti)
3.

-

**:**
»  Gloria: Gloria in excelsis Deo (Tutti)
4.

-

**:**
»  Gloria: Laudamus te (Tutti)
5.

-

**:**
»  Gloria: Gratias agimus tibi (Tutti)
6.

-

**:**
»  Gloria: Domine Deus, Rex coelestis (Tenor)
7.

-

**:**
»  Gloria: Qui tollis peccata mundi (Tutti)
8.

-

**:**
»  Gloria: Quoniam Tu solus Sanctus (Bass)
9.

-

**:**
»  Gloria: Cum Sancto Spiritu (Tutti)
10.

-

**:**
»  Credo: Credo in unum Dominum (Tutti)
11.

-

**:**
»  Credo: Et in unum Dominum (Tenor)
12.

-

**:**
»  Credo: Qui propter nos homines (Tutti)
13.

-

**:**
»  Credo: Et incarnatus est (Soprano)
14.

-

**:**
»  Credo: Crucifixus (Tutti)
15.

-

**:**
»  Credo: Et resurrexit (Tenor, Bass)
16.

-

**:**
»  Credo: Et in Spiritum Sanctum (Soprano)
17.

-

**:**
»  Credo: Et unam sanctam (Tutti)
18.

-

**:**
»  Credo: Confiteor unum baptisma (Alto)
19.

-

**:**
»  Credo: Et vitam venturi saeculi (Tutti)
20.

-

 
**:**
序曲 (組曲) イ長調 FWV K:A3

Overture (Suite) in A Major, FWV K:A3

録音: 21-22 April 2017, Kirche St. Trinitatis, Zerbst, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6858712
**:**
»  I. Ouverture
21.

-

**:**
»  II. Aria andante
22.

-

**:**
»  III. Bourrée
23.

-

**:**
»  IV. Aria andante
24.

-

**:**
»  V. Aria presto
25.

-

**:**
»  VII. Gavotte
26.

-

**:**
»  VII. Polonaise
27.

-

 
**:**
私は心を尽くして主に感謝す FWV D:I2

Ich danke dem Herrn von ganzem Herzen, FWV D:I2

録音: 21-22 April 2017, Kirche St. Trinitatis, Zerbst, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6858713
**:**
»  Dictum: Ich danke dem Herrn von ganzem Herzen (Soprano, Chorus)
28.

-

**:**
»  Accompagnato: Mein Christ, lass doch dies sel'ge Fest (Soprano)
29.

-

**:**
»  Aria: Gott schenket uns sein einges Kind (Alto)
30.

-

**:**
»  Chorale: Lob, Ehr und Preis sei Gott (Chorus)
31.

-

**:**
»  Macht das Herz von Sünden rein (Chorus)
32.

-

**:**
»  Accompagnato: Die höchste Kraft verschmähet nicht (Soprano, Alto, Tenor, Bass)
33.

-

**:**
»  Duet: Herr, vollführe, vollführe nach Verlangen (Soprano, Bass)
34.

-

**:**
»  Chorale: Ertöt uns durch dein Güte (Chorus)
35.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
ドイツ後期バロック期に活躍した作曲家ファッシュ。ヴァイオリニストとして才能を開花させ、ドイツ全土で演奏旅行を行い、1714年にバイロイトの宮廷楽団に採用され、1722年にはプロイセン、ツェルプストの宮廷楽長に就任。その地で生涯を過ごしました。彼はツェルプストの音楽監督として、当時の宗教的傾向を研究し、それに見合った作品を書くことを自らに課し、全ての教会暦の日のためのカンタータを書いたとされていますが、その作品は存命中には出版されることがなく、管弦楽作品以外のほとんどは散逸してしまいました。このミサ曲ト長調は数少ない譜面が残存している宗教曲で、使われているテキストに細心の注意を払い、短い序曲のあと、最初にソプラノのソロが登場するなど言葉の意味を強調するために様々な手法が用いられています。ソロ楽器のオブリガートやアリアなどがふんだんに使われた華麗な作品を、名手ヘルマン・マックスが迫真の演奏で聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。