ホーム > アルバム > 555207-2 シュルマン:歌劇「忠実なアルチェステ」(ツムザンデ/カルニーテ/ミュラー/ハラリ/ルートヴィヒ/グローベ/ハイネマイヤー/バロックヴェルク・ハンブルク/ホックマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555207-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ゲオルク・カスパール・シュルマン Georg Caspar Schurmann
作詞家
Johann Ulrich von König
アーティスト
サンタ・カルニーテ Santa Karnīte , ラルフ・グローベ Ralf Grobe , ハンナ・ツムザンデ Hanna Zumsande , アンドレアス・ハイネマイヤー Andreas Heinemeyer , アロン・ハラリ Alon Harari , バロックヴェルク・ハンブルク Barockwerk Hamburg , イラ・ホックマン Ira Hochman , カテリーナ・ミュラー Katherina Muller , ミルコ・ルートヴィヒ Mirko Ludwig , Dustin Drosdziok

シュルマン:歌劇「忠実なアルチェステ」(ツムザンデ/カルニーテ/ミュラー/ハラリ/ルートヴィヒ/グローベ/ハイネマイヤー/バロックヴェルク・ハンブルク/ホックマン)

SCHURMANN, G.C.: Getreue Alceste (Die) [Opera] (Zumsande, Karnīte, Müller, Harari, Ludwig, Drosdziok, Grobe, Heinemeyer, Barockwerk Hamburg, Hochman)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555207-2

全トラック選択/解除

ゲオルク・カスパール・シュルマン - Georg Caspar Schurmann (1672-1751)

**:**
歌劇「忠実なアルチェステ」

Die getreue Alceste

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6750730
**:**
»  Ouverture
1.

-

**:**
»  Act I: Recitative: Ich wünschte wohl noch länger hier zu sein (Hyppolite, Céphise)
2.

-

**:**
»  Act I: Recitative: Wie? schertzt mein Licht mit meiner Treu? (Strato, Céphise)
3.

-

**:**
»  Act I: Aria: Weg Sclaverey! (Céphise)
4.

-

**:**
»  Act I: Sinfonia pour la Tempête
5.

-

**:**
»  Act I: Recitative: Verfolgt den Lauff, ihr Helden (Aeolus)
6.

-

**:**
»  Act I: Aria: Vertheilet die Wogen (Aeolus)
7.

-

**:**
»  Act I: Recitative: Heißt meine Lieb und ungefälschte Treu (Licomedes, Alceste)
8.

-

**:**
»  Act I: Aria: Zum Waffen! (Licomedes)
9.

-

**:**
»  Act II: Aria Sanffte Lüffte (Hyppolite)
10.

-

**:**
»  Act II: Recitative: Mein Hercules ist noch nicht da (Hyppolite)
11.

-

**:**
»  Act II: Recitative: Doch weh! Welch Trauer-Spiel muß ich erblicken (Alceste, Cléantes, Admetus)
12.

-

**:**
»  Act II: Aria: Gute Nacht, ihr schönsten Blicke (Admetus)
13.

-

**:**
»  Act II: Accompanied: Feindseliges Verhängniß meiner Liebe! (Alceste)
14.

-

**:**
»  Act II: Accompanied: Ein Leib, ein Hertz, ein Geist und eine Liebe (Alceste)
15.

-

**:**
»  Act II: Aria and Recitative: Ich lebe dir getreu (Alceste, Céphise)
16.

-

**:**
»  Act II: Sinfonia
17.

-

**:**
»  Act II: Recitative: Wo bin ich? (Admetus)
18.

-

**:**
»  Act II: Chorus of the mourners and mourning men: Klagt mit Seuffzen, klagt mit Zähren (Chorus)
19.

-

**:**
»  Act II: Recitative: Mein Liebstes auf der Welt ist todt (Admetus, Hercules)
20.

-

**:**
»  Act II: Aria: Mich spornet der Eifer (Hercules)
21.

-

**:**
»  Act III: Verbannet die Sorgen! (Chorus)
22.

-

**:**
»  Act III: Recitative: Bey aller dieser Lust - Verbannet die Sorgen (Admetus, Chorus)
23.

-

**:**
»  Act III: Recitative: Kaum seh ich wiederum der Sonnen Licht (Hercules, Alceste, Admetus, Hyppolite, Cléantes, Phéres)
24.

-

**:**
»  Act III: Aria a 2: Fahr ewig wohl! (Alceste, Admetus)
25.

-

**:**
»  Act III: Recitative: Bleib! bleib Admet (Hercules)
26.

-

**:**
»  Act III: Recitative: Dich recht großmüthig zu bezeugen (Céphise, Hyppolite, Hercules)
27.

-

**:**
»  Act III: Aria à 4: Ich will nicht die Flammen trennen - Nach dem Kummer (Hercules, Hyppolite, Alceste, Admetus, Tutti)
28.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/06/01
J.S.バッハとほとんど同時期に活躍したドイツの作曲家、ゲオルク・カスパー・シュールマン。若い頃は男声アルト歌手としてハンブルクの歌劇場で活躍した後、作曲を始め、ヴォルフェンビュッテルのザルツダールム城の完成式典でカンタータを披露します。1697年にはリューネブルクでオペラと教会音楽を担当、ザクセン=マイニンゲン公国の宮廷作曲家・楽長を経て、ヴォルフェンビュッテルに楽長として復帰、この地で生涯を終えました。生涯に30作以上の歌劇を作曲しましたが、現代ではほとんど忘れられてしまい、一部の序曲が時折演奏されるのみでしたが、2016年、ハンブルク州立大学にて普遍的な「愛と死」をテーマにした歌劇《忠実なアルチェステ》が復活上演され、聴衆の熱狂的な拍手で迎えられました。このアルバムは全曲からの抜粋ですが、豊かな和声、綿密な対位法、形式の柔軟な扱いなど、作品の魅力は存分に伝わります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。