ホーム > アルバム > 555214-2 テレマン:オラトリオ「戻ってきなさい、千人ものイスラエルの群衆たち」(ケルン・アカデミー/ヴィレンズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555214-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ゲオルク・フィリップ・テレマン Georg Philipp Telemann
作詞家
ヨアヒム・ヨハン・ダニエル・ツィンマーマン Joachim Johann Daniel Zimmermann
アーティスト
ミヒャエル・アレクサンダー・ヴィレンズ Michael Alexander Willens , ケルン・アカデミー合唱団 Kölner Akademie Choir , ケルン・アカデミー Kölner Akademie , マリアン・ダイクハウゼン Marian Dijkhuizen , ジュリアン・ポッジャー Julian Podger , マウロ・ボルジョーニ Mauro Borgioni , ラヘル・マース Rahel Maas , クラウス・メルテンス Klaus Mertens

テレマン:オラトリオ「戻ってきなさい、千人ものイスラエルの群衆たち」(ケルン・アカデミー/ヴィレンズ)

TELEMANN, G.P.: Komm wieder, Herr, zu der Menge der Tausenden in Israel [Oratorio] (Kölner Akademie, M.A. Willens)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555214-2

全トラック選択/解除

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
オラトリオ「戻ってきなさい、千人ものイスラエルの群衆たち」 TWV 2:12

Komm wieder, Herr, zu der Menge der Tausenden in Israel, TWV 2:12

録音: 31 January - 2 February 2018, Studio Stolberger Strasse, Köln, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7040448
**:**
»  Komm wieder, Herr (Chorus)
1.

-

**:**
»  Recitative: Ja Herr, du kömmst (Bass 1)
2.

-

**:**
»  Aria: O würden uns Zungen der Engel verliehn! (Bass 1)
3.

-

**:**
»  Recitative: Doch wenn ein treues Herz (Bass 1)
4.

-

**:**
»  Heilig ist unser Gott (Chorus)
5.

-

**:**
»  Recitative: Der frühe Trieb, dich hoch zu preisen (Tenor)
6.

-

**:**
»  Aria: O Tag, vor dem wir noch erstaunen (Bass 2)
7.

-

**:**
»  Recitative: Ja, Höchster (Bass 2)
8.

-

**:**
»  Du, du bist erschrecklich (Chorus)
9.

-

**:**
»  Recitative: Wer half uns aus? (Soprano)
10.

-

**:**
»  Aria: So waren Gnad und Zorn vereinet (Tenor)
11.

-

**:**
»  Recitative: Ach Herr, wie viel von denen (Soprano, Alto, Tenor, Bass 1)
12.

-

**:**
»  Aria: Verstreut gewesne Herde (Soprano)
13.

-

**:**
»  Liebster Jesu, wir sind hier (Chorus)
14.

-

**:**
»  [instrumental]
15.

-

**:**
»  Herr Gott, dich loben wir (Chorus)
16.

-

**:**
»  Recitative: Du hast geredet, Herr! (Bass 1)
17.

-

**:**
»  Aria: Es schallet deinem ersten Worte (Bass 1)
18.

-

**:**
»  Recitative: O laß uns noch vor deinem Angesicht (Bass 1)
19.

-

**:**
»  Aria: Majestät, vor deren Blitz Jaspis und Saphir erbleichen (Bass 2)
20.

-

**:**
»  Recitative: Doch die Bedürfnis selbst wies uns ein Mittel an (Alto, Tenor)
21.

-

**:**
»  Nun, unser Gott (Chorus)
22.

-

**:**
»  Aria: Tempel, den die Lieb erbauet (Quintet, Chorus)
23.

-

**:**
»  Recitative: Ja, sei geliebt (Tenor)
24.

-

**:**
»  Aria: Ruht, von uns nicht weit geschieden (Alto)
25.

-

**:**
»  Recitative: Nun, o Unendlicher (Bass 1, Bass 2)
26.

-

**:**
»  Aria: Ein Vorspiel des Tages (Quintet, Chorus)
27.

-

**:**
»  Sei Lob und Ehr mit hohem Preis (Chorus)
28.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/10/01
1762年、歴史的に重要なスウェーデンとプロイセンの講和条約「ハンブルク条約」がハンブルクにて調印されました。しかし、市の名物でもあった聖ミヒャエル教会はその2年前に消失しており、ようやく再建されたばかり(塔はまだなかった)で、この再建式も州の公式行事として開催されることとなりました。市の音楽監督であったテレマンは当時81歳という高齢でしたが、この大切な行事のために音楽を作曲、イヴェントの重要性を踏まえ、これまでの作品よりも更に壮大で華麗な音楽を創り出しました。6組の二重合唱、トランペット、ティンパニを従えた壮麗な作品はテレマンの最高傑作と呼ぶにふさわしい仕上がりです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。