ホーム > アルバム > 555230-2 グラウプナー:受難カンタータ集 3 (エクス・テンポーレ/マンハイム・ホーフカペレ/ハイアリック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555230-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
クリストフ・グラウプナー Christoph Graupner
作詞家
Johann Conrad Lichtenberg
アーティスト
ドミニク・ヴェルナー Dominik Wörner , エクス・テンポーレ Ex Tempore , フィリップ・ガーニェ Philippe Gagné , ヤン・コボウ Jan Kobow , デルテ・マリア・サンドマン Doerthe Maria Sandmann , フロリアン・ハイアリック Florian Heyerick , フリート・デ・ヘイテル Griet de Geyter , マンハイム・ホーフカペレ Mannheimer Hofkapelle , ロッベルト・ミューゼ Robbert Muuse , Jonathan de Ceuster

グラウプナー:受難カンタータ集 3 (エクス・テンポーレ/マンハイム・ホーフカペレ/ハイアリック)

GRAUPNER, C.: Passion Cantatas, Vol. 3 (Ex Tempore, Mannheimer Hofkapelle, Heyerick)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555230-2

全トラック選択/解除

クリストフ・グラウプナー - Christoph Graupner (1683-1760)

**:**
さあ、魂たち、献身的に静かに GWV 1119/41

Kommt, Seelen, seid in Andacht stille, GWV 1119/41

録音: 27 February 2016, Pauluskirche, Darmstadt
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7170184
**:**
»  Kommt, Seelen, seid in Andacht stille (Chorus)
1.

-

**:**
»  Accompagnato: Des Menschen Sohn geht hin in Gott ergeb'nem Wille (Bass)
2.

-

**:**
»  Aria: Soll mein Heiland leidend sterben? (Soprano)
3.

-

**:**
»  Accompagnato: Der Herr des Heils sieht Pein und Tod voraus (Bass)
4.

-

**:**
»  Aria: Jesus geht zum Kreuz (Bass)
5.

-

**:**
»  Recitative: Ach Sterbliche, bewundert Gottes Rat (Tenor)
6.

-

**:**
»  Choral: O du wunderbarer Rat, den man nie ergründet
7.

-

 
**:**
魂に敵対する GWV 1124/41

Sie rüsten sich wider die Seele, GWV 1124/41

録音: 17 February 2018, Sint-Marchariuskerk, Gent
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7234259
**:**
»  Dictum: Sie rüsten sich wider die Seele des Gerechten (Chorus)
8.

-

**:**
»  Accompagnato: Die Andacht sieht erstaunend zu (Soprano)
9.

-

**:**
»  Aria: Jesu wird der Stab gebrochen (Soprano)
10.

-

**:**
»  Accompagnato: O Wunder, Jesus schweiget still (Bass)
11.

-

**:**
»  Aria: Großer Bürge, ach, ich sehe deine Huld erstaunend an (Bass)
12.

-

**:**
»  Recitative: Schweig, Satan, schweig, verdammtes Gewissen (Alto)
13.

-

**:**
»  Choral: Ich bin, mein Heil verbunden
14.

-

 
**:**
イエスよ、彼らはあなたを崇拝する GWV 1126/41

Jesus, auf dass er heiligte das Volk, GWV 1126/41

録音: 17 February 2018, Sint-Marchariuskerk, Gent
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7234260
**:**
»  Dictum: Jesus, auf dass Er heiligte das Volk (Chorus)
15.

-

**:**
»  Accompagnato: Komm, Sulamith, nimm deinen Wanderstab (Soprano)
16.

-

**:**
»  Aria: Ach, saurer Gang! (Alto)
17.

-

**:**
»  Accompagnato: Seht, Jesus geht zur Schädelstätte (Bass)
18.

-

**:**
»  Aria: Jesus breitet seine Arme (Bass)
19.

-

**:**
»  Accompagnato: Hier bin ich, Herr, umfasse mich (Tenor)
20.

-

**:**
»  Choral: O Lamm Gottes, unschuldig am Stamm des Kreuzes geschlachtet
21.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/04/01
ザクセンに生まれ、ライプツィヒで法学を学び、聖トーマス教会カントルのクーナウの元で音楽を学んだグラウプナー。カイザーが指揮するハンブルク歌劇場でチェンバロ奏者を務め(当時、歌劇場のオーケストラではヘンデルがヴァイオリンを演奏していた)、カイザーと共に作品を発表、オペラ作曲家として力をつけていきます。やがてオペラ作曲家としてダルムシュタットで職を得ますが、宮廷でのオペラ演奏が禁止されてからは、宗教作品を主として作曲。当時はバッハに匹敵するほどの名声を獲得したことで知られています。このアルバムに収録されたカンタータも、どれもが色彩豊かなオーケストレーションと、随所に「印象的で記憶に残るメロディ」が置かれた魅力的な作品です。人と神との対話を表すソプラノ独唱によるアリアとバス独唱のアリアを中心に、重厚な合唱がそれを彩るという規則的な形式を持ち、これに沿って様々な受難の物語が展開していきます。第1集(555071)、第2集(555170)と同じくエクス・テンポーレのメンバーとマンハイム・ホーフカペレ、ハイアリックの指揮による洗練された演奏でお楽しみください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。