ホーム > アルバム > 555285-2 タイレ:マタイ受難曲(マンメル/ヴェルナー/ブレーメン・ヴェーザー=ルネサンス/コルデス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555285-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ヨハン・タイレ Johann Theile
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament
アーティスト
ドミニク・ヴェルナー Dominik Wörner , マリー・ルイーゼ・ヴェルネブルク Marie Luise Werneburg , ダヴィド・エーラー David Erler , マンフレート・コルデス Manfred Cordes , クリスティアン・フォルクマン Christian Volkmann , ブレーメン・ヴェーザー=ルネサンス Bremen Weser-Renaissance , ヨハンナ・ボークマイヤー Johanna Bookmeyer , ヨアヒム・ホフバウアー Joachim Höchbauer , ハンス・イェルク・マンメル Hans Jörg Mammel

タイレ:マタイ受難曲(マンメル/ヴェルナー/ブレーメン・ヴェーザー=ルネサンス/コルデス)

THEILE, J.: St. Matthew Passion (Musik aus Schloss Wolfenbüttel) (Mammel, Wörner, Bremen Weser-Renaissance, Cordes)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555285-2

全トラック選択/解除

ヨハン・タイレ - Johann Theile (1646-1724)

**:**
St. Matthew Passion

録音: 28-30 January 2019, Stiftskirche Bassum
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7954831
**:**
»  Act I: Das Leiden und Sterben unsers Herren (Chorus, Evangelist, Christus, Judas)
1.

-

**:**
»  Act I: Aber am ersten Tage der süßen Brote (Evangelist, Chorus, Christus, Judas)
2.

-

**:**
»  Act I: Und, da sie den Lobgesang gesprochen hatten (Evangelist, Christus, Petrus, Judas)
3.

-

**:**
»  Act I: Die aber Jesum gegriffen hatten (Evangelist, Chorus, Caiphas, Christus)
4.

-

**:**
»  Act I: Petrus aber saß draußen im Palast (Evangelist, Ancilla 1, Petrus, Ancilla 2, Chorus)
5.

-

**:**
»  Act II: Des Morgens aber hielten alle Hohenpriester (Evangelist, Judas, Chorus)
6.

-

**:**
»  Act II: Jesus aber stund vor dem Landpfleger (Evangelist, Pilatus, Christus, Uxor Pilati, Chorus)
7.

-

**:**
»  Act II: Da nahmen die Kriegsknechte des Landpflegers Jesum (Evangelist, Chorus)
8.

-

**:**
»  Act II: Und indem sie hinausgingen (Evangelist, Chorus, Christus)
9.

-

**:**
»  Act II: Und es waren viel Weiber da (Evangelist, Chorus, Pilatus)
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
「ヴォルフェンビュッテル城」はニーダーザクセン州にあった神聖ローマ帝国の領邦国家で、1514年から1568年にこの国を統治したハインリヒ2世は宗教改革にそのまま身を投じた人物として知られています。ヨハン・タイレは若い頃から、いくつもの任地に赴きながら、音楽教師、歌劇作曲家として活躍してきた作曲家。ヴォルフェンビュッテルの宮廷には1685年から務め、教会音楽をはじめ様々な作品を発表しました。この「マタイ受難曲」は1673年の作品で、ブクステフーデが大絶賛したといい、17世紀ドイツで発展したオラトリオ様式による受難曲の注目すべき事例とも言われています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。