ホーム > アルバム > 555309-2 チェスティ:歌劇「ラ・ドーリ」(アショーティ/バラート/ロンバルディ・マッズーリ/エンティクナツプ/アカデミア・ビザンチナ/ダントーネ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555309-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
アントニオ・チェスティ Antonio Cesti
作詞家
ジョヴァンニ・フィリッポ・アポローニ Giovanni Filippo Apolloni
アーティスト
アカデミア・ビザンチナ Accademia Bizantina , フランチェスカ・アショーティ Francesca Ascioti , アルベルト・アレグレッツァ Alberto Allegrezza , ルペルト・エンティクナツプ Rupert Enticknap , ロッコ・カヴァルッツィ Rocco Cavalluzzi , フェデリコ・サッキ Federico Sacchi , ブラッドリー・スミス Bradley Smith , オッタヴィオ・ダントーネ Ottavio Dantone , コンスタンティン・デッリ Konstantin Derri , エメケ・バラート Emőke Baráth , ピエトロ・ディ・ビアンコ Pietro Di Bianco , フランチェスカ・ロンバルディ・マッズーリ Francesca Lombardi Mazzulli

チェスティ:歌劇「ラ・ドーリ」(アショーティ/バラート/ロンバルディ・マッズーリ/エンティクナツプ/アカデミア・ビザンチナ/ダントーネ)

CESTI, A.: Dori (La) [Opera] (Ascioti, Baráth, Lombardi Mazzulli, Enticknap, Accademia Bizantina, Dantone)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555309-2

全トラック選択/解除

Disc 1

アントニオ・チェスティ - Antonio Cesti (1623-1669)

**:**
歌劇「ラ・ドーリ」

La Dori

録音: 22, 24 and 26 August 2019, Innsbrucker Festwochen, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8316620
**:**
»  Sinfonia
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Io son pur sola (Alì)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Ferma figlia, deh ferma (Arsete, Alì)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Qual' error povero Golo (Golo)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Ed è pur vero, o Golo (Dirce, Golo)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Arioso: Son cieca, è ver (Dirce, Golo)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Olà, dunque si vili (Oronte, Golo, Dirce)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Aria: Rendetemi mi il mio bene (Oronte)
8.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Pur convien, ch'io ti veggio (Artaxerse, Oronte)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 7: Amor, se la palma (Alì, Arsete)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 8: Se perfido amore (Arsinoe, Celinda, Dirce)
11.

-

**:**
»  Act I Scene 9: O quanto Arsionoe è bella (Celinda, Arsinoe)
12.

-

**:**
»  Act I Scene 10: Tu parti, Arsinoe, lacrimosa e mesta (Celinda)
13.

-

**:**
»  Act I Scene 11: Se per un sol momento (Bagoa, Celinda)
14.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Stella, che torbida mali influì (Erasto)
15.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Chi mi chiama, chi sei? (Arsete, Erasto)
16.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Quanto è dura la speranza (Arsinoe, Alì)
17.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Amor, che mi consigli? (Alì)
18.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Sotto vario alto pianeta (Golo, Alì)
19.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Mi rapisce la mia pace (Oronte, Alì)
20.

-

**:**
»  Act II Scene 7: Ed anco Oronte (Artaxerse, Oronte, Alì)
21.

-

**:**
»  Act II: Sinfonia
22.

-

Disc 2

アントニオ・チェスティ - Antonio Cesti (1623-1669)

**:**
歌劇「ラ・ドーリ」

La Dori

録音: 22, 24 and 26 August 2019, Innsbrucker Festwochen, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8316620
**:**
»  Act II Scene 8: Con Amor scherzi chi sa (Dirce, Bagoa)
1.

-

**:**
»  Act II Scene 9: Vaga mia, che notte (Erasto, Celinda, Arsete)
2.

-

**:**
»  Act II Scene 10: Morirà dunque Arsinoe (Alì, Oronte)
3.

-

**:**
»  Act II Scene 11: Occhi voi, che piangete (Oronte)
4.

-

**:**
»  Act II Scene 11: Aria: Speranze fermate (Oronte)
5.

-

**:**
»  Act II Scene 12: Piange Oronte notte, edì (Golo, Ghost of Parisatide)
6.

-

**:**
»  Act II Scene 13: La fede al Padre, il giuramento a Dori? (Oronte)
7.

-

**:**
»  Act II Scene 14: E con sì fieri accenti (Arsinoe, Alì)
8.

-

**:**
»  Act II Scene 15: Eche rimiri, Oronte? (Oronte, Alì, Erasto, Arsinoe)
9.

-

**:**
»  Act II Scene 16: Raffrena, Oronte! (Celinda, Ali, Oronte, Erasto, Arsinoe, Golo)
10.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Aria: Troppo libero impero (Artaxerse)
11.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Ch' Arsompe s'imprigiéni (Erasto, Artaxerse)
12.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Aria: Cangia sfera, o fortuna! (Erasto)
13.

-

**:**
»  Act III Scene 3: S'io son vecchia è mal per me (Dirce)
14.

-

**:**
»  Act III Scene 4: Aria: Chi vuol libertà (Alì, Dirce)
15.

-

**:**
»  Act III Scene 5: Aria: Forsennata humanità (Arsete, Alì)
16.

-

**:**
»  Act III Scene 6: Ingiustissimo Oronte (Tolomeo)
17.

-

**:**
»  Act III Scene 7: Arsinoe mia signora (Bagoa, Tolomeo)
18.

-

**:**
»  Act III Scene 8: Amorosa pietà (Arsinoe)
19.

-

**:**
»  Act III Scene 9: Qual turbi ne d'affani (Artaxerse, Arsinoe)
20.

-

**:**
»  Act III Scene 10: Così dunque ritovo (Oronte, Erasto, Artaxerse)
21.

-

**:**
»  Act III Scene 11: Oronte misero! (Oronte, Golo)
22.

-

**:**
»  Act III Scene 12: Ancor deliri? (Artaxerse, Oronte, Erasto)
23.

-

**:**
»  Act III Scene 13: Impaziente, o sire (Arsinoe, Oronte, Erasto, Artaxerse)
24.

-

**:**
»  Act III Scene 14: Invitto sire (Arsete, Artaxerse, Oronte, Arsinoe, Erasto)
25.

-

**:**
»  Act III Scene 15: Signor, gran nova io porto (Golo, Artaxerse, Arsinoe, Arsete, Erasto, Oronte)
26.

-

**:**
»  Act III Scene 16: Sento il nome di Dori (Tolomeo, Arsete, Arsinoe, Oronte, Artaxerse)
27.

-

**:**
»  Act III Scene 17: Figlio, figlio, ove vai? (Dirce, Oronte)
28.

-

**:**
»  Act III Scene 18: Pur ti veggio, o mia vita? (Oronte, Dori, Artaxerse, Arsinoe, Tolomeo, Arsete, Erasto, Dirce, Golo)
29.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/06/01
チェスティの歌劇《ラ・ドーリ、または高貴な奴隷》は、ユーフラテス川沿いのバビロンを舞台にした物語。ニカイア王女ドーリは幼い時にペルシア王子オロンテと婚約しますが、後に海賊によってエジプトへ連れ去られ、エジプト王女として育てられます。成長したドーリとオロンテはエジプトで再会するも、オロンテは父王が危篤になりペルシアへ呼び戻され、オロンテを追って男装してペルシアに渡ったドーリは盗賊につかまり、奴隷として売られます。その後、数奇な運命とコミカルなドタバタ劇を経てドーリとオロンテは再会。お互いの素性も判明してめでたく結ばれます。1657年にチェスティが奉職していたインスブルックの宮廷で初演された後、イタリアではメディチ家の結婚式の祝祭のために上演されたほか、各地で次々と上演され高い人気を誇りました。このアルバムは2019年、チェスティの没後350年を記念して、作曲家所縁の地インスブルックでの上演記録です。高度な技巧を駆使したソリストたちの軽やかな歌を始め、17世紀作品の演奏で定評のあるダントーネと、アカデミア・ビザンチナのアンサンブルが、忘れられた作品を現代に生き生きとよみがえらせています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。