ホーム > アルバム > 555370-2 ドルシェツキー:オーボエ四重奏曲集 2 (グルントマン四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555370-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ゲオルク・ドルシェツキー Georg Druschetzky
アーティスト
グルントマン四重奏団 Grundmann Quartet

ドルシェツキー:オーボエ四重奏曲集 2 (グルントマン四重奏団)

DRUSCHETZKY, G.: Oboe Quartets, Vol. 2 (Grundmann Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555370-2

全トラック選択/解除

ゲオルク・ドルシェツキー - Georg Druschetzky (1745-1819)

**:**
オーボエ四重奏曲 ニ長調

Oboe Quartet in D Major

録音: 2-6 March 2020, Andreaskirche, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10393506
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Menuetto
2.

-

**:**
»  III. Adagio - Rondo Allegro
3.

-

 
**:**
オーボエ四重奏曲 ハ長調 (1807)

Oboe Quartet in C Major (1807)

録音: 2-6 March 2020, Andreaskirche, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10393507
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Menuetto Allegretto
5.

-

**:**
»  III. Andante
6.

-

**:**
»  IV. Rondo Allegro
7.

-

 
**:**
四重奏曲 ト短調
8.

A Quatro in G Minor

録音: 2-6 March 2020, Andreaskirche, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10393508
 
**:**
オーボエ四重奏曲 ヘ長調 (1808)

Oboe Quartet in F Major (1808)

録音: 2-6 March 2020, Andreaskirche, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10393509
**:**
»  I. Adagio - Allegro assai
9.

-

**:**
»  II. Menuetto Allegretto
10.

-

**:**
»  III. Andante
11.

-

**:**
»  IV. Rondo Allegro
12.

-

 
**:**
コールアングレ四重奏曲 変ロ長調

Cor Anglais Quartet in B-Flat Major

録音: 2-6 March 2020, Andreaskirche, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10393510
**:**
»  I. Allegro molto
13.

-

**:**
»  II. Andante
14.

-

**:**
»  III. Finale: Allegretto Tempo di Menuetto
15.

-

 
**:**
オーボエ四重奏曲 ヘ長調 (1807)

Oboe Quartet in F Major (1807)

録音: 2-6 March 2020, Andreaskirche, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10393511
**:**
»  I. Allegro moderato
16.

-

**:**
»  II. Menuetto Allegretto
17.

-

**:**
»  III. Adagio - Rondo Allegro
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2023/09/01
「6つのティンパニと管弦楽のための協奏曲」で知られるチェコ出身の作曲家、ティンパニ奏者ゲオルク・ドルシェツキー。彼はもともとドレスデンで名奏者アントニオ・ベゾッティに学んだオーボエ奏者でしたが、ヘプ(ドイツ名エゲル)の歩兵連隊に参加し、ウィーン、リンツ、ブランナウに駐留、鼓手として名を上げ、自らの楽団を組織しました。1777年には軍隊を退役、その後はウィーンで活躍した後ブラチスラヴァに移住、1808年頃からはハンガリーのヨーゼフ大公の宮廷作曲家となり数多くの作品を書き上げました。その中に含まれる10曲の「オーボエ四重奏曲」はこれまであまり知られていませんでしたが、どれも洗練された筆致によるオーボエの技巧を活かした素晴らしい作品です。第1集と同じくグルントマン四重奏団の演奏で。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。