ホーム > アルバム > 555425-2 テレマン:復活祭カンタータ集 - TWV 1:131, 460, 872, 1424, 1470 (ヴィンケル/オイツィンガー/ポプルッツ/コーイ/ケルン・アカデミー/ヴィレンズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555425-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 声楽曲
作曲家
ゲオルク・フィリップ・テレマン Georg Philipp Telemann
作詞家
不詳 Anonymous , ヨハン・フリードリヒ・ヘルビヒ Johann Friedrich Helbig , ヘルマン・ウルリヒ・フォン・リンゲン Hermann Ulrich von Lingen
アーティスト
ミヒャエル・アレクサンダー・ヴィレンズ Michael Alexander Willens , ヨハンナ・ヴィンケル Johanna Winkel , マーゴット・オイツィンガー Margot Oitzinger , ケルン・アカデミー Kölner Akademie , ペーター・コーイ Peter Kooij , ゲオルク・ポプルッツ Georg Poplutz

テレマン:復活祭カンタータ集 - TWV 1:131, 460, 872, 1424, 1470 (ヴィンケル/オイツィンガー/ポプルッツ/コーイ/ケルン・アカデミー/ヴィレンズ)

TELEMANN, G.P.: Easter Cantatas - TWV 1:131, 460, 872, 1424, 1470 (J. Winkel, Oitzinger, Poplutz, Kooij, Kölner Akademie, M.A. Willens)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555425-2

全トラック選択/解除

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
わたしは死んだことはあるが、見よ、世々限りなく生きている者である TWV 1:872

Ich war tot, und siehe, ich bin lebendig, TWV 1:872

録音: 17-20 November 2020, Immanuelskirche, Wuppertal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8922905
**:**
»  Aria: Ich war tot und siehe, ich bin lebendig (Bass)
1.

-

**:**
»  Chorale: Heut triumphieret Gottes Sohn
2.

-

**:**
»  Aria: Jesus lebt, wir sollen leben (Soprano)
3.

-

**:**
»  Aria: Wer will die Auserwählten Gottes beschuldigen? (Alto)
4.

-

**:**
»  Aria: Herrsche, siege, triumphiere, mein Erlöser (Tenor)
5.

-

**:**
»  Chorale: O süßer Herre Jesu Christ
6.

-

 
**:**
勝利だ! 喜べ、汝ら敬虔なる者よ TWV 1:1424

Triumph! Ihr Frommen freuet euch, TWV 1:1424

録音: 17-20 November 2020, Immanuelskirche, Wuppertal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8922906
**:**
»  Sinfonia
7.

-

**:**
»  Accompanied recitative: Triumph! Ihr Frommen freuet euch (Tenor)
8.

-

**:**
»  Aria: Unsere Schuld bleibt tot zurücke (Soprano, Bass)
9.

-

**:**
»  Chorale: Des Herren Rechte, die behält den Sieg
10.

-

**:**
»  Aria: Lass dein erquickend holdes Rat in Angst (Soprano, Alto)
11.

-

**:**
»  Der Tod ist verschlungen in den Sieg (Chorus)
12.

-

**:**
»  Die Kraft aber der Sünde ist das Gesetz (Chorus)
13.

-

**:**
»  Chorale: O Tod, wo ist dein Stachel nun
14.

-

 
**:**
主はよみがえりぬ TWV 1:460

Er ist auferstanden, TWV 1:460

録音: 17-20 November 2020, Immanuelskirche, Wuppertal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8922907
**:**
»  Duet: Er ist auferstanden (Tenor, Bass)
15.

-

**:**
»  Recitative: So wechselt Leid und Freud (Tenor)
16.

-

**:**
»  Aria: Victoria, gewonnen, mein Jesus hat gesiegt (Tenor)
17.

-

**:**
»  Recitative: Nun sind wir frei (Bass)
18.

-

**:**
»  Aria: Mein Jesus ist gekommen (Bass)
19.

-

**:**
»  Recitative: So sei demnach (Tenor)
20.

-

**:**
»  Chorale: Triumph, ihr Menschenkinder! (Tenor, Bass)
21.

-

 
**:**
わたしたちの心は燃えていたではないか TWV 1:131

Brannte nicht unser Herz in uns, TWV 1:131

録音: 17-20 November 2020, Immanuelskirche, Wuppertal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8922908
**:**
»  Duet: Brannte nicht unser Herz in uns (Alto, Tenor)
22.

-

**:**
»  Aria: Ach, wie selig sind wir doch (Soprano)
23.

-

**:**
»  Chorale: Lobt ihn mit Herz und Munde
24.

-

**:**
»  Aria: Lernt das Eitle doch verachten (Alto)
25.

-

**:**
»  Aria: Lasset kein faul Geschwätz aus eurem Munde gehn (Bass) - Und betrübet nicht den Heiligen Geist Gottes (Chorus)
26.

-

**:**
»  Chorale: Herr, gib, dass ich dein Ehre
27.

-

 
**:**
一度捨てよ、人間よ TWV 1:1470

Verlass doch einst, o Mensch, TWV 1:1470

録音: 17-20 November 2020, Immanuelskirche, Wuppertal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8922909
**:**
»  Sinfonia
28.

-

**:**
»  Accompanied recitative: Verlass doch einst, o Mensch (Alto)
29.

-

**:**
»  Aria: Ich will mich in der Freiheit sehn (Soprano, Tenor)
30.

-

**:**
»  Chorale: Du bist der, der mich tröst
31.

-

**:**
»  Aria: Meine Sünde ist verschieden (Soprano, Bass)
32.

-

**:**
»  Chorale: Ist meine Bosheit groß, so werd ich ihr doch los
33.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2021/05/01
テレマンは、アイゼナハの宮廷時代(1708-12)、フランクフルト・アム・マイン市の音楽監督時代(1712-21)、ハンブルクの音楽監督時代(1721-67)、この60年間に1700曲以上のカンタータを作曲しています。このアルバムに収録された「復活祭のためのカンタータ」はハンブルクの音楽監督時代の作品で、オペラ、コンサート、教会音楽の演奏を精力的に行うとともに、作品を次々と出版し高い名声を獲得していた頃に書かれたものです。レチタティーヴォを持たないカンタータは金管楽器と木管楽器のアンサンブルが多用され、聖書の言葉を引用し対位法を駆使したアリアにも重点が置かれています。レチタティーヴォを持つカンタータは、最初のシンフォニアの後に伴奏付きのレチタティーヴォが続き、その後にコラールと精巧に書かれたデュエットが置かれています。 美しい独唱の旋律と荘厳で華麗な合唱、これを彩る楽器の響きが融合した作品を、宗教曲を得意とするソリストたちがケルン・アカデミーとともに、ヴィレンズの指揮で歌い上げています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。