ホーム > アルバム > 555494-2 シュッツ:歌劇「ダフネ」(R. ウィルソンによる再構築版)(フンガー/ヴェルネブルク/ポドコシィエルナ/ラ・カペラ・ドゥカーレ/ムジカ・フィアタ/ウィルソン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555494-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ハインリヒ・シュッツ Heinrich Schütz
作詞家
マルティン・オピッツ Martin Opitz
編曲者
ローランド・ウィルソン Roland Wilson
アーティスト
ローランド・ウィルソン Roland Wilson , マリー・ルイーゼ・ヴェルネブルク Marie Luise Werneburg , ダヴィド・エーラー David Erler , マグダレーネ・ハラー Magdalene Harer , トビアス・フンガー Tobias Hunger , マグダレーナ・ポドコシィエルナ Magdalena Podkościelna , ヨアヒム・ホフバウアー Joachim Höchbauer , ゲオルク・ポプルッツ Georg Poplutz , ムジカ・フィアタ Musica Fiata , ラ・カペラ・ドゥカーレ Capella Ducale, La

シュッツ:歌劇「ダフネ」(R. ウィルソンによる再構築版)(フンガー/ヴェルネブルク/ポドコシィエルナ/ラ・カペラ・ドゥカーレ/ムジカ・フィアタ/ウィルソン)

SCHÜTZ, H.: Dafne [Opera] (reconstructed by R. Wilson) (Hunger, Werneburg, Podkościelna, La Capella Ducale, Musica Fiata, R. Wilson)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/555494-2

全トラック選択/解除

ハインリヒ・シュッツ - Heinrich Schütz (1585-1672)

**:**
歌劇「ダフネ」(R. ウィルソンによる再構築版)

Dafne (reconstructed by R. Wilson)

録音: 2-4 June 2021, Kirche, Zur frohen Botschaft, Berlin-Karlshorst
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9668273
**:**
»  Intrada
1.

-

**:**
»  The Prologue: Ihr sterblichs Volck d' ich nit sterblich bin (Ovidius)
2.

-

**:**
»  Act I: Hinter diesem Schatten hier (Drei Hirten, Apollo, Chorus)
3.

-

**:**
»  Act II: Was suchet jhr (Cupido, Venus, Apollo, Chorus)
4.

-

**:**
»  Act III: Es ist die Spur dess Hirschen ja für mir (Dafne, Apollo, Chorus)
5.

-

**:**
»  Act IV: Was gilt' s ich habe dir den stoltze Muth gebrochen (Cupido, Venus, Chorus)
6.

-

**:**
»  Act V: Bleib, Nymfe, bleib; ich bin dein Feind ja nicht (Apollo, Dafne, Chorus)
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/05/01
ドイツ音楽史上最初のオペラとされるシュッツの《ダフネ》。1627年4月13日にドイツのトルガウで行われた、ザクセン公女ゾフィー・エレオノーレとヘッセン大公ゲオルク2世の結婚の祝典において上演されました。ギリシャ神話のダフネの物語によるリヌッチーニの台本をマルティン・オピッツがドイツ語訳したテキストにシュッツが音楽を付けたとされていますが、台本は出版されたものの、音楽は残っていません。この録音は、ドイツの初期バロック音楽のスペシャリストとして長く活躍するローランド・ウィルソンが音楽部分を再構築したもの。音楽の半分ほどはシュッツの世俗作品から、残りは同時代の作曲家たちの作品から転用されています。ウィルソンは「音楽の構成に関する手がかりが少なからずあるので、非常に近いものになったはず」と語っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。