ホーム > アルバム > 6.220592 シュミット/コッペル/ローゼ/ノアゴー:アコーディオン作品集(モーゲンセン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
6.220592
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
アナス・コッペル Anders Koppel , オーレ・シュミット Ole Schmidt , ペア・ノアゴー Per Nørgård , マルティン・ローゼ Martin Lohse
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
ロルフ・グプタ Rolf Gupta , デンマーク国立室内管弦楽団 Danish National Chamber Orchestra , ビャーケ・モーエンセン Bjarke Mogensen

シュミット/コッペル/ローゼ/ノアゴー:アコーディオン作品集(モーゲンセン)

Accordion Recital: Mogensen, Bjarke - SCHMIDT, O. / KOPPEL, A. / LOHSE, M. / NORGARD, P. (Accordion Concertos)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/6.220592

全トラック選択/解除

オーレ・シュミット - Ole Schmidt (1928-2010)

**:**
交響的幻想曲とアレグロ Op. 20

Symfonisk fantasi and Allegro, Op. 20

録音: 12-15 April 2011, Koncerthuset, Studio 2, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1985441
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Allegro grazioso
2.

-

アナス・コッペル - Anders Koppel (1947-)

**:**
ピッコロ協奏曲 (アコーディオンと弦楽オーケストラ編)

Concerto Piccolo

録音: 12-15 April 2011, Koncerthuset, Studio 2, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2621093
**:**
»  I. Andante misterioso
3.

-

**:**
»  II. Largo
4.

-

**:**
»  III. Allegretto scherzando
5.

-

マルティン・ローゼ - Martin Lohse (1971-)

**:**
イン・リキッド

In Liquid

録音: 12-15 April 2011, Koncerthuset, Studio 2, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2621094
**:**
»  I. Andante semplice - Allegretto - Allegro - Allegro poco vivace
6.

-

**:**
»  II. Andante - Allegro - Meno allegro
7.

-

**:**
»  III. Cadenza: Quasi improvvisazione - Allegro moderato
8.

-

**:**
»  IV. Andante cantabile e molto semplice
9.

-

ペア・ノアゴー - Per Nørgård (1932-)

**:**
リコール

Recall

録音: 12-15 April 2011, Koncerthuset, Studio 2, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2621095
**:**
»  I. Cantico antico
10.

-

**:**
»  II. Villanesca
11.

-

**:**
»  III. Rondino
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/03/01
デンマーク生まれの若きアコーディオン奏者ビャルケ・モーゲンセンによるアコーディオンのための協奏曲集です。彼は1985年生まれで、7歳からアコーディオンを演奏し始め、瞬く間に名手と呼ばれるようになりました。彼自身も編曲、作曲を行い、既に何枚かのCDもリリースするなど、その将来を嘱望されています。このアルバムでは4人の作曲家の作品を収録、コッペルとローゼの2つの曲はモーゲンセンのために作曲されたものです。古典的な曲、タンゴ風、ジャズ風と様々な表情を見せる音色に注目してください。アコーディオンの持つ可能性の限界に挑戦するかのような、挑発的でエキサイティングな演奏がたまりません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。